問題解決サポート
空地空家の対策について
草刈代行サービスについて
借地権問題でお困りの方へ
相続不動産でお困りの方へ
ローン返済でお困りの方へ
 
 春日井・守山区の賃貸管理サポート
不動産賃貸業をお考えの方へ
空室等でお困りのオーナー様へ
月極駐車場のオーナー様へ
駐車場無料広告掲載について
不動産を貸すときの流れ
貸主のよくある質問
 
 不動産売却サポート
不動産の売却をお考えの方へ
売れる価格の正しい決め方
当事務所へ依頼するメリット
ご利用料金について
売却するときの流れ
売主のよくある質問
いくらで売れるか知りたい
 
 
TOP > MENU > 空地空家対策
空地・空家問題の傾向と対策
空地・空家の問題点
近年、空地や空家が適正に管理されず、建物の一部が敷地外に崩れ落ちる、生い茂った草木が隣地にはみ出している、不法投棄のゴミが溜まっているなど近隣への生活環境を害する問題が増えています。万一、それが原因で他者と問題が起こったとき、その空地空家の所有者が責任を負う可能性があります。また所有者自身も固定資産税等の経済的な負担ばかりでせっかくの資産を上手に活用できていないケースも珍しくありません。特にご高齢の方や遠方にお住いの方などでご自身で管理が難しい方は早めに何らかの対応を考える必要があります。
解決のための手段
空地空家の問題点を解決するためにどのような方法が考えられるでしょうか?その不動産の立地や環境等の条件と所有者や親族の意向によって答えは変わりますが、基本的には、現状維持・売る・貸す・自己利用の4つに分けられます。それぞれのメリット・デメリットも踏まえて検討していく必要があります。
■現状維持のまま
まだ対策が考えられない場合、現状維持ということになります。その空地や空家が近隣の防災防犯、風紀上に悪影響がないのであれば、急いで何かをする必要はないかもしれません。空地と空家では管理するポイントが違ってきますが、定期的に現地を監視し何か問題があったときにすぐに対応できる体制があれば問題ないでしょう。
■処分する(売却する)
今後、ご自身で利用する予定もないと場合、売却して換金化するというのも空地空家対策の活用方法の選択肢となります。不動産の立地や条件によりますが、そのまま遊休不動産として固定資産税を払い続けるよりは、売れるときに思い切って処分してしまうケースも多くあります。
■人に貸す
不動産を遊ばせておくのももったいないし、かといって直ぐに売却する決断もできないという場合も少なくありません。その場合は、他人に貸して賃料収入を得ることも選択肢のひとつです。この場合も、不動産の立地や条件によって、貸すことに適した不動産かそうでないかかを見極める必要があります。貸せる場合でも、先行投資が必要な場合は、収支のシュミレーションをしっかりと行ったうえで検討することとなります。
自分で利用する
ご自身やご親族が利用されるのであれば、当然ながら何の問題もありません。その不動産の用途にあわせてご利用いただければそれでOKです。

我が家に最適な解決法を考える
考え方としては、まず、その不動産を将来に残していきたい気持ちがあるかどうか?またそう考える理由は何か?という問いにどう答えるかです。例えば、子どものための将来に残したいという明確な理由があれば、選択肢としては、現状維持か貸すか自分で使用するかしかありません。そこで多少なりとも収入が欲しいと思うか、他人に貸すとか面倒なことはいやだと思うかによって、とりあえずの方向性はみえてきます。放置状態になっている場合と管理ができている場合では、解決法のアプローチは異なりますが、いずれの場合も経済的な損益が手段を選ぶベースとなることが多いので、まずはプロに相談して試算してもらうところから始めてみましょう。
当社で無料で試算します
空地空家をどう活用していくかを考えるにあたり、まずはその不動産の収益のシュミレーションを知ることが第一歩です。現状維持と言っても、そのままでいい場合と適正な管理を入れないといけない場合もあります。売る場合ならいくらで売れて経費はどれくらいかかり手取りはいくらになるのか?貸す場合でも借手が見つかる場所かどうか、貸せてもいくらで貸せるのか?経費倒れにならないかどうか?等おさえておきたいポイントがいくつかあります。春日井市、名古屋市守山区エリアの不動産であれば、当社で試算し活用方法のご提案を無料でさせていただきます。問題は先送りにせずに解決できるものであれば早めに対応していくことが大切です。まずは春日井シティ不動産にメールかお電話でご相談ください。