春日井シティー不動産株式会社

春日井市、名古屋市守山区を中心とした不動産売買・賃貸管理はお任せください。土地戸建マンション、事業用不動産、名古屋市近郊エリアの物件も取扱いしています。

お問い合わせ電話番号 0568-87-3921
住宅ローン滞納による不動産売却
住宅ローンの滞納を続けるとどうなるか?
住宅ローンや事業ローンの月々の支払いが滞り、今後の返済も困難な状況となった場合、債権者である金融機関は、最終的に、担保不動産の「競売」を裁判所へ申立て、貸し金を回収しようとします。

競売になれば、あなたのマイホームは裁判所による公的な入札手続きを経て、一番高い値段で入札した人の所有物となってしまいます。入札された代金はすべて借金の返済に充当され、あなたの手元にはお金が残ることはなく、引渡しの時期が来ればあなたの事情に関係なく強制的に退去させられてしまいます。

さらに競売の場合、普通に売却するのと比べて安い価格でしか売れないため、競売で家を失った後も多額の借金が残ることが多く、金銭面とともに精神面でも長期的に大変です。

競売を回避するためには、基本的に住宅ローンの返済をするしかありません。ローンの残債額より家が高く売れるなら苦労もないですが、現実的にはそうもいきません。

そこで最近は、競売になるまでに、「任意売却」という、債務者にも債権者にもメリットのある方法で担保不動産を売却することが増えています。
不動産の任意売却とは?
任意売却とは、住宅ローンや事業ローンの返済が困難になって、競売にされてしまう前に、借金返済と不動産売却を金融機関との交渉により進めていく方法です。競売のような債権者による強制売却で債務者が不利になるよりも、少しでも債務者に有利になるように任意で売却しようということです。

任意売却の実績ある当事務所ががあなたと金融機関の間に入って調整を行い、無駄な時間と費用もかかり市場価格より安く売らざるをえない競売ではなく、債権者の合意を得て一般の市場で不動産の売却を行います。

任意売却のメリットは、相場に近い金額で売却できる可能性が高いので、競売の場合よりも残債務を減らすことができます。

競売と違い、債権者との交渉の余地があるので、売却時に必要な費用とともに引越代を認めてもらえる場合がありますし、残債務の返済方法も生活再建のしやすい分割払いなどにも相談に応じてもらうことができます。

また競売になると公告され近隣にも知られることとになりますが、任意売却の場合は、一般の売却と同様の販売活動のため、債務状況等を近所に知られる心配はありません。
任意売却の流れ
1. 電話・メール相談
相談するのも気の重いことですが、ほっとおけば自体は悪くなるばかりです。ローンの督促状や競売開始決定通知などが届いても、まだ間に合う段階です。誰に何を相談していいかわからないという方でも、まずは当事務所にご相談ください。もちろん相談無料・秘密厳守です。
↓
2. 面談
ご依頼者として今後どうされたいのか、状況を整理しながらお話しさせていただきます。
ローンの滞納や残債務等、ご依頼者のおかれた状況の中で、少しでも有利に生活再建ができるようアドバイスいたします。状況によっては厳しいことをお伝えすることもありますが、まず第一歩を踏み出すことです。結果は後でついてきます。
↓
3. 価格査定、調査
お家を拝見させていただき物件がいくらで売れるのか確認する必要があります。
春日井市の相場を熟知している当事務所がより高く売れるよう査定価格と売却方法を提案します。
同時に金融機関に任意売却を認めてもらえるよう交渉準備もしていきます。
↓
4. 債権者との交渉
不動産売却に関係する債権者や金融機関に任意売却の同意をいただきます
売出価格の決定から売却費用や引越費用の確認、売却後の残債務のご相談を致します。
↓
5.売却活動
一般の不動産売却と同様に販売活動を行います。
不動産業者間のネットワーク「レインズ」への登録、アットホームなどの不動産ポータルサイトやホームページへの登録、新聞折込や雑誌等の広告媒体、店頭紹介等の活動により買い手を探します。
↓
6.売買契約・決済引渡
買手が見つかり、売買取引の条件が整えば売買契約締結となります。契約してから1〜2か月後に予め取り決めた日時で決済引渡を行います。決済日までに次の転居先へ引越しする必要がありますが、 売主及び買主、債権者、司法書士等の関係者が一同に集まり、売買代金の授受、ローンの返済、所有権移転や抵当権抹消手続き、鍵の引渡・固定資産税等の清算をし、決済引渡が完了となります。
自己負担となる費用は必要なし(0円)
相談だけでなく、実際に任意売却の依頼を受けて、売買手続きが進んでも、任意売却に関してお客様の持出しとなる自己負担費用はありません。当社の報酬は、債権者に了解を得て、任意売却による代金の中から配分していただく仕組みとなっています。
任意売却が可能なタイミング
住宅ローンの返済が厳しくなったと言っても、直ぐに任意売却の手続きができるわけではありません。一般的に、住宅ローンの滞納が3〜5ケ月続くと、銀行等の債権者から残債務の一括弁済を迫られる事になります。このあたりから債権者は、任意売却の協議に応じてくれるようになります。

しかし、債務者が滞納の状況を放置していると、銀行は借金回収のために代位弁済という手続きに入ります。この流れになると、最終的に債権回収会社(サービサー)へと業務が委託され、競売による法的手段を実行することとなります。競売が進み買受人が確定する段階になると、任意売却の手続きは不可能となります。

つまり、任意売却は可能なタイミングの目安としては、ローン滞納が3〜5ケ月の時点からで、タイムリミットとしては、競売の開札日前日まで(代位弁済から約6ケ月程度)という事になります。
春日井市の不動産のことなら当事務所にご相談ください
春日井市及び名古屋市近郊で、住宅ローンの返済にお困りの方は、ぜひ春日井シティ不動産にご相談ください。これまでに多数の任意売却の実績があり、マンションや戸建の任意売却の手続きはもちろん、お客様の新たな生活再建までのお手伝いをさせていただきます。

電話やメールは24時間対応していますので、まずは勇気を出して相談するところから始めてみませんか?もし最初から個人情報を出すのに不安があるようでしたら、電話やメールは匿名でも出来るかぎり対応させていただきます。

1.春日井市密着の当事務所ならではの実勢価格の把握
地元の不動産のプロだからこそわかる不動産の時価評価。

2.優良な買手を探します
その不動産に最適な買手を見つけることに自信があります。

3.地元で実績ある弁護士や司法書士を紹介できます
顧客目線で実績豊富な士業の先生と連携して問題解決サポート。
マンション管理費の滞納分について
分譲マンションで、住宅ローン以外に、管理費等も滞納している場合も多くありますが、ほとんどの債権者において任意売却代金からの配分を認めてもらうことができます。滞納額の確認や清算についても、当事務所にてマンション管理会社と債権者と確認を行い手続きを進めさせていただきます。