春日井シティー不動産株式会社

春日井市、名古屋市守山区を中心とした不動産売買・賃貸管理はお任せください。土地戸建マンション、事業用不動産、名古屋市近郊エリアの物件も取扱いしています。

お問い合わせ電話番号 0568-87-3921
 Q1 春日井の不動産、いくらで売れる?査定ってどうやるの?
A.はい。お答えします。

少しでも高く売りたい・・・。
売主様の人情としてそう思うのは当たり前のことですが、不動産を売却するときの価格ってどうやって決まるのでしょうか?

最初に知っておいていただきたいのは、不動産の査定というのは、
『仲介による査定』と『買取による査定』の2種類あるということです。

一般的には『仲介による査定』がほとんどでして、
これはいわゆる一般の取引相場、おおよそ3カ月以内を目安に買い手が見つかるであろう価格、つまり成約予想価格を示します。

『買取による査定』の場合は、売主様の事情でとにかく早期の売却を要する場合に利用されますが、この場合、仲介による査定に比べて大幅に安くなってしまうという大きなデメリットがありますが、確実かつ直ぐに現金化できるというメリットがあります。

私が価格査定をするにあたっては
1.近隣エリアでの過去に成約した不動産の価格
2.査定不動産そのものの良い条件と悪い条件の評価
3.査定不動産の近隣の環境
4.買手の動向と他物件の動向
5.売主様が売却する事情と意向 
主に上記の項目を考慮して査定価格を算出しますが、そのために現地での調査や役所関係の調査、売主様からのヒアリング、現在と過去の販売・成約データの抽出等を行ったりするのです。

査定は無料ですので、2,3社くらいに依頼をして出来る限り正確な評価を知ったうえで売却の検討をされると安心です。そして、不動産業者が提示した『査定価格』を参考にして、売主様の『希望価格』を踏まえ、『売出価格』を決定する流れとなります。

最後に、『査定価格』というのは、買取の場合は、「この金額で買い取ります」という価格なので、安いけれども保証のある価格となるのですが、仲介の場合は、「この価格なら売れるであろう」という予想価格ですから、不動産業者によっては甘くも厳しくもできてしまうところが売主様を惑わせることもありますので、信頼のできる不動産業者に依頼できるかどうかというのもとても大事なことです。
 回答:春日井シティ不動産(株) 山本直嗣