購入

【購入申込み】不動産購入を決めたら商談中で2番手といわれた

【購入申込み】 不動産購入を決めたら商談中で2番手といわれた!?

せっかく購入を決意したのに2番手になってしまった・・・買えるチャンスはあるのか?

いろいろと物件を探した結果、やっと気に入った物件と出会い、購入申込みをしたのはいいが、タッチの差で他の購入希望者に先を越されて、2番手になってしまった。2番手の場合は、購入できるチャンスはどれくらいあるのか?それとも、もうその物件を買うことは不可能なのか?今回の記事はそんなお話です。

不動産購入は先着順が原則、購入申込順に商談するのが一般的

不動産の買付申込書や購入申込書不動産売買においては、基本的に買い手は先着順で決まります。購入申込書、いわゆる買付(かいつけ)を書面で出して、売主に受理された人が商談をすすめていくのが原則です。しかし人気の物件などで、買いたいという人が同じタイミングで何人もあらわれる場合があります。そのように買付が重なった場合、購入の条件がまったく同じであれば1番手の人がそのまま物件を買うことになると思いますが、もし2番手以降の人の方が売主にとって条件が良ければ交渉によって買い手が決まることになります。

2番手になって後悔しない為に知っておきたい売買仲介の知識

一生の大きな決断をしてちゃんと物件を買えれば最高ですが、せっかく決断したにもかかわらず、2番手になってしまった人としては、「いやいやなんで2番手なの?」「2番手になるとわかっていたらもっと早く決断したのに。不動産屋ちゃんと教えといてよ。」っていう気持ちになるのではないでしょうか。不動産屋からは何も聞かされてなかったのに、なぜこのタイミングで申込みが重なってしまったのか。それは不動産屋さん自身も、他業者や他のお客様の動きを把握しにくい、売買仲介の仕組みも影響しています。

同じタイミングで購入申込みが重なる理由

まず売買仲介の基本的な仕組みとして、不動産屋は売主から直接売却依頼を受けていない他社の売り物件でも取り扱うことができます。例えば、いまネット広告に出ている売り物件は、お問合せ先となっている不動産屋だけじゃなく、どこの不動産屋でもその物件をお客様に紹介することができる仕組みになっています。物件を買える人は一人しかいないのに、そもそも広告は不特定多数の人に物件紹介をしている状態なので、たくさんの人が物件を探している中で、その物件を欲しいと思う人が重なることは普通にありますよね。ただ問題は、対応してくれている不動産屋はほかの買い手の状況を把握していないのか。という話です。ほかで検討している人がいるとか、いまどこまで商談しているかとか、正確な状況を教えてもらえるなら、こちらも買い手としても安心して検討できるのにって思いませんか。

売主直の不動産屋ならリアルタイムで商談状況を把握している(はず)

マイホーム購入売買仲介の仕組み上、売主から売却依頼(売主直)を受けていない不動産屋もその物件を取り扱えるのは、あらゆる買い手に幅広く売り物件の周知ができ売買成約の機会が増えて売主にとってもメリットのあることですが、売主直の不動産屋以外はその物件のリアルタイムな商談状況を知るのにタイムラグが出てきます。あなたが物件を紹介してもらっている不動産屋が逐一、売主直の不動産屋とコンタクトをとって、状況を正しく把握できているデキル不動産屋なら問題ないですが、そうじゃないなら他の買い手に後れを取ってしまう可能性があります。普通はどこの不動産屋でも、他社の物件を取り扱うときは、その物件がまだ売れてないか?お客さんに紹介してもよいか?その業者に確認をしてから、お客様に物件を紹介をしています。それでも、人気エリアの土地などは、昨日の夜に確認した時点でまだ売れてなくても、今日の朝に他社のお客様から購入申込みが入っていた。というケースがありえるということです。そういう意味では、物元といわれる売主直の不動産屋なら、リアルタイムの商談状況を把握しているので、安心して検討できるはずです。ただし、売主直の不動産屋でも対応が良い保証はない(むしろ悪い場合もある)ので、そこはご承知おきください。

もし2番手になった場合、買えるチャンスはあるのか?

さて、もし自分が2番手になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?現実的な話をすれば、ほとんどの場合は、1番手が予定通り契約となることでしょう。しかし、中には、1番手の方がローンが通らないとか、気が変わったとかで、購入をキャンセルすることも充分ありえる話ではあります。なので、もし、1番手がキャンセルになれば、2番手の方に商談がまわってくることになります。感覚としては、1番手がキャンセルになる確率としては、10%もあるかどうか。いや、もっと低いでしょうね。予定通り、1番手の人が契約となれば、2番手の人はその物件の購入は断念して、また次の物件探しを再開させることとなります。縁がなかったと割り切れる方もいれば、あきらめがつかず長く悔やまれる方もいて、不動産屋としても無力感にさいなまれます。

買付順じゃなく契約優先の場合もある

売主や不動産業者によっては、申込順ではなく、早く売買契約ができる買主を優先する、というケースもあります。いつでも契約できるとか、お金の準備が間違いないとか、契約手続きのスケジュールが早くて固い人を優先するということです。例えば、パワービルダー系の建売業者さんなどは、ローンの事前審査が通ってないと買付を受け付けないとか、確実に契約できる買い手優先の傾向が強いです。

2番手以降の条件が1番手よりも良い場合はチャンスあり

いくら先着順が原則といっても、2番手以降の人の方が購入条件が良い場合は、その限りではありません。1番手は優先的に商談はできますが、売主としては、必ず1番手と契約しないといけないわけではないので、例えば、2番手以降の人の方が高く買ってくれるならそちらに売るでしょう。2番手になってしまったけど、その物件をどうしても諦めきれない。なにがなんでも買いたい。究極的に、手段を選ばずどうにかしたい、というなら、1番手よりも高い金を出すとか、ゲスい話でも売主にとって魅力を感じる(かもしれない)条件をネタに売主業者に直談判してみるというケースも可能性は低いですがないわけじゃありません。ただ、業者も信頼をなくすようなことはしないので、ダメもとで上手く交渉の土俵に乗ってもらえるようにお願いするしかないでしょう。

早く決めないと他できまっちゃいますよ。というのもうそじゃない。

春日井のマンション買取「お客さん、早く決めないと他で決まっちゃいますよ!」という定番の営業トークがありますが、まんざらただの押売りトークというわけでもないのです。とは言いながら、ただ売りたいだけの目先の不動産屋も少なくないのでむずかしいところですが。。。しかし、立地がいいとか、価格が手ごろとか、条件の良い売り物件というのは、多くの人が探しているので、早く売れてしまう可能性は高いのは事実です。立地や物件の条件が良い人気物件などは、申込みが重なるということはよくありますが、不思議なもので、長い間売れてなかった物件なのに、申込みが重なったりすることもあるので、こればかりはタイミングとしかいいようがないです。それでも、急いで変な物件つかまされちゃ元も子もありません。

まとめ。2番手になったら縁がなかった。次はもっと良い物件を探すだけ。

2番手になってしまったという経験は、割と皆さん経験されているようです。結局、最終的に満足できる物件を買えればいいわけで、物件をたくさん見て不動産屋とやりとりを重ねることで、物件の見方も上手になりますし、資金計画や手続きの流れも理解して、不動産を買う準備が整ってきます。2番手になって悔しい思いをした経験でさえも、自分や家族にとって最高の物件に出会うために必要な準備であったと捉えてほしいと思います。もし、2番手になってしまったら割り切って、次はそれ以上の素敵な物件を探すことに意識を向けましょう。この物件いいなと思いながらもまだ迷っているなら、買付は慌てて出してはいけません。買付は出したけどやっぱりやめるという安易なキャンセルはなるべく避けたいところです。意図せずとも信用をなくすような行為は、結局よい物件と出会うチャンスもつぶすことにつながります。この人のために物件探しや商談を頑張ろう。って不動産屋に思ってもらえる人は、また必ず良い物件を紹介してもらえますし、交渉もしっかりやってくれるでしょう。2番手になってもあきらめずに探されている方は、どのお客様も最終的に素敵な物件に出会って購入されています。

こちらもCHECK

【買付(かいつけ)購入申込書は先着順が原則】1番手なら必ず買えるのか
【買付(かいつけ)購入申込書は先着順が原則】1番手なら必ず買えるのか

買付、購入申込書ってなに?いつ出すの?出したらどうなるの? 素敵な街並みの住宅街。駅やスーパーや学校にも近く、陽当りがよくて広さも価格も手ごろな人気エリアの売地が出たとします。たまたま同じ時期に不動産 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

代表 山本直嗣

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプと四柱推命。

-購入
-, ,