pickup
春日井で中古戸建を探す

いろいろと物件を探した結果、やっと気に入ったと物件と出会い、購入申込みをしたのはいいが、タッチの差で他の購入希望者に先を越されて、2番手になってしまった。そんなケースのお話です。

せっかく購入を決意したのに2番手になってしまった・・・

どこの不動産屋も同じ物件を紹介している

基本的に、いま売りに出ている土地や戸建やマンションは、どこの不動産屋でもお客様に紹介して売買仲介ができる仕組みになっています。

つまり、不動産屋は、他社が売主から専任媒介などを受けて販売している物件でも、取り扱うことができるのです。

逆に言えば、お客様は、ある物件が気に入ったとして、例外はありますが、基本的にはどこの不動産屋からでも買うことが可能です。

なので、どこの不動産屋でも、他社の物件を取り扱うときは、その物件がまだ売れてないか?お客さんに紹介してもよいか?その業者に確認をしてから、お客様に物件を紹介をしています。

きちんと確認しないいい加減な業者もいるかもしれませんが、その場合、すでに成約や商談してる物件を紹介されてしまうという、無駄な迷惑をかけられてしまう可能性もありますが、それはこの記事の本題ではないので、内容を戻します。

ここで、何が言いたいかというと、不動産の物件というのは、自分以外にも探している人がいて、同じ物件を気に入る人が出てくる可能性があるということです。

例えば、人気エリアの土地などは、昨日の夜に確認した時点でまだ売れてなくても、今日の朝に他社のお客様から購入申込みが入っていた。というケースがありえるということです。

購入申込受付は先着順が多い

不動産の買付申込書や購入申込書不動産の売買、購入においては、基本的には、先着順です。

一般的には、購入申込書、いわゆる買付(かいつけ)を出した人が1番手となります。

 

 

売主や不動産業者によっては、申込順ではなく、早く売買契約ができる買主を優先する、というケースもあります。住宅ローンの事前審査がOKだったり、手付金の用意がすぐできるとか、引渡しの期日が早くできるとか、そういう準備が整っていて、間違いなく契約ができるという人を優先するということです。

例えば、パワービルダー系の建売業者さんなどは、契約優先の傾向が強いと思いますが、一般的には申込順で対応することが多いのではないかと思います。

ただし、申込順といっても、まだ買うか悩んでるけどとりあえず押さえとくとか、冷やかしに近いレベルの申込の話ではなく、購入申込み後、速やかに売買契約に向けて、ローンの申込みとか手続きのできる人の話と思っていただきたいです。

立地や物件の条件が良い人気物件などは、申込みが重なるということはよくありますが、不思議なもので、長い間売れてなかった物件なのに、申込みが重なったりすることもあるので、こればかりはタイミングとしかいいようがありません。

もし2番手になったらどうすればいいか?

せっかく購入の決心をしたのに、2番手になってしまったというのも、割とよくある話です。

さて、もし自分が2番手になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

現実的な話をすれば、ほとんどの場合は、1番手が予定通り契約となることでしょう。しかし、中には、1番手の方がローンが通らないとか、気が変わったとかで、購入をキャンセルすることも充分ありえる話ではあります。

なので、もし、1番手がキャンセルになれば、2番手の方に商談がまわってくることになります。

感覚としては、1番手がキャンセルになる確率としては、10%もあるかどうか。いや、もっと低いでしょうね。

予定通り、1番手の方が契約となれば、2番手の方は、また次の物件探しを再開させることとなります。

縁がなかったと割り切れる方もいれば、あきらめがつかず長く悔やまれる方もいて、不動産屋としても無力感にさいなまれます。

その物件をどうしても諦めきれない。なにがなんでも買いたい。究極的に、手段を選ばずどうにかしたい、というなら、1番手よりも高い金を出すとか、ゲスい話でも売主にとって魅力を感じる(かもしれない)条件をネタに売主業者に直談判してみるという方法もないわけじゃないですが、業者も信頼をなくすようなことはしたくないので、それでもひっくり返る可能性は微妙でしょう。

まとめ

春日井の土地購入は春日井シティ不動産

「お客さん、早く決めないと他で決まっちゃいますよ!」という定番の営業トークがありますが、まんざらただの押売りトークというわけでもないのです。

とは言いながら、ただ売りたいだけの目先の不動産屋も少なくないのでむずかしいところですが。。。

 

まあしかし、立地がいいとか、価格が手ごろとか、条件の良い売り物件というのは、多くの人が探しているので、早く売れてしまう可能性は高いのは事実です。

それでも、急いで変な物件つかまされちゃ元も子もない。

物件の良し悪しを素早く判断できるようになるまでには、それなりの知識と経験が必要です。

 

物件をたくさん見て不動産屋とやりとりを重ねることで、物件の見方も上手になりますし、資金計画や手続きの流れも理解して、不動産を買う準備が整ってきます。

 

 

2番手になって悔しい思いをした経験でさえも、自分や家族にとって最高の物件に出会うために必要な準備であったと捉えてほしいと思います。

僕の経験上、なんだかんだ言って、どのお客様も最後は良い物件を納得して買われます。

もし、2番手になってしまったら割り切って、それ以上の素敵な物件を探すことに意識を向けましょう。

 

 

お問合せ

    おすすめの記事