pickup
土地購入の際の価格交渉のコツは?

売主の心情として、自分の土地を少しでも高く売りたいと思うのは当然ですが、希望金額でさくっと売れるということは、実は少ない。

売りやすい土地と売りにくい土地

土地の売買が成立する価格というのは、需要と供給のバランスで決まります。

その土地を買いたいと思う人が、たくさんいるのか、全然いないのか。

それによって、売りやすい土地か、売りにくい土地かわかります。

50坪の土地と200坪の土地、売りやすいのはどっち?

売りやすい「土地の大きさ」の話をしましょう。

例えば、春日井で住宅向けの用地として、200坪の土地と50坪の土地があったとしたら、どちらが売りやすいと思いますか。

売りやすいということは、高く売れる可能性も高いということですが

(場所とか地形とか周辺環境とかいろいろな要素はおいときます)

結論を言うと

50坪の土地の方が売りやすい。

 

なぜか?

 

春日井の住宅地としては、一般個人で言えば

200坪よりも50坪の土地を探している人の方が圧倒的に多いから

 

建売分譲業者は200坪でも積極的に買いますが、一般個人で200坪の土地を買いたい方は、春日井ではきわめて少数派でしょう。

 

現場の話で言えば、50坪でも売りにくい土地もありますし、200坪でも売りやすい土地はあるのですが

例えとして、土地の大きさだけでみた春日井の買い手の需要の話をしています。

 

春日井の土地売却買手の立場で言えば誰もが同じような好条件の土地を探しています。

4,50坪の土地を探している人が一番多い。ですから4,50坪で条件の良い土地は取り合いです。

せっかく気に入った土地が見つかったのに他の人に先に買われてしまったという経験談は土地探しあるあるの一つです。

このような買主に需要のある土地なら値下げもする必要もない。売主としては有利な条件で売りやすいわけです。

 

土地が売れない原因は?

例えとして、土地の大きさの話をしましたが、

実際には、大きさだけじゃなく、場所や地形や周辺環境などいろいろな複合的な要素があわさって、最終的に価格に反映されることになります。

売りやすい土地の大きさ売却希望価格としては、売主がいくらの価格をつけても自由です。

しかし、広告もしてるのに何カ月も売れない土地というのもたくさん存在しています。

もし、まったく買い手からの問合せやの反響もないようであれば

売りやすい要素、売りにくい要素を見誤っていて、その価格は市場相場から見て適正じゃない、高すぎると判断されているかもしれません。

おすすめの記事