pickup
売りやすい土地の広さ

土地には売買相場がありますが、その相場というのは地域ごとに違いますね。

〇〇町は、坪40万くらいで、△△町は坪35万くらい。□□町は30万かなとか。

でも、実際の売買において、〇〇町の土地がすべて坪40万で売れるわけではありません。

〇〇町の土地なのに、坪35万や30万でしか売れない土地だって、中にはある。なぜか?

それは、売りやすい人気の土地もあれば、売りにくい人気の劣る土地もあるからです。

 

売りやすい土地と売りにくい土地

土地の売買が成立する価格というのは、需要と供給のバランスで決まります。

その土地を買いたいと思う人が、たくさんいるのか、全然いないのか。

それによって、売りやすい土地か、売りにくい土地かわかります。

 

50坪の土地と200坪の土地、「売りやすい広さ」はどっち?

売りやすい「土地の大きさ」の話をしましょう。

春日井で売りやすい土地の広さ

 

例えば、春日井で住宅向けの用地として、200坪の土地と50坪の土地があったとしたら、どちらが売りやすいと思いますか。

 

売りやすいということは、高く売れる可能性も高い。ということですが

(今回は広さの話がしたいので、場所とか地形とか周辺環境とかいろいろな要素はおいときます)

 

結論を言うと

50坪の土地の方が売りやすい。

 

なぜか?

 

春日井の住宅地の場合、

200坪よりも、50坪の土地を探している買い手が多いから

特に、マイホームを建てるために土地を探している一般の方の場合、広さで言えば50坪くらい欲しいというニーズが圧倒的に多いのです。

 

春日井の土地購入需要

 

建売分譲業者さんなどは200坪でも価格さえ折り合えば積極的に買いますが、一般の方で200坪の土地を探している買い手は春日井では少数派でしょう。

 

もちろん、現場の話で言えば、50坪でも売りにくい土地もありますし、200坪でも売りやすい土地はあるのですが

今回の記事では、

土地の大きさだけでみた春日井の買い手の需要の話をしています。

 

なぜ、買い手は50坪の土地を探すのか?

 

春日井で土地を探している人の一番の需要としては住宅建築です。

事業用地としての需要もありますが、名古屋のベッドタウンとして発展したきた住宅都市でもある春日井の場合、ほとんどが個人のマイホーム用地としてのニーズといってもいいでしょう。

新しく2階建て4LDK、駐車場2、3台おけるマイホームを建てようと思えば、最低でも40~50坪は必要なので、それ以上の土地を探している人が多いのですが、予算の都合もあります。

ざっくりですが、土地予算1500万~2000万で探している方が多い。

さらに建物の予算も必要ですから、欲しい土地がみつかっても、予算が足りなくて断念するケースも少なくありません。

結局、予算の中で探していくと、40~50坪が最適な広さに落ち着いていくのだと思います。

買い手の立場で言えば、それくらいの土地の広さで日当たりとか地形とか場所とか条件の良い土地で、1500~2000万くらいの価格帯は人気なので、売り物件の数が少ないので、なかなか希望の土地が買えないという状況にもなりがちです。

売主の立場で言えば、このような買い手に需要の高い土地なら、高値で売れる可能性も高いでしょう。

そういう意味で、売主としては、有利な条件で売りやすいと言えるわけです。

 

まとめ

今回は、土地の大きさをテーマに、売りやすい土地の話をしましたが、

実際には、大きさだけじゃなく、場所や地形や周辺環境などいろいろな複合的な要素があわさって、最終的に価格に反映されることになります。

売主としては、土地を売るときに、いくらの価格をつけても自由です。

200坪でもそれ以上でも、買い手の需要が多い土地も実際はたくさんあります。

その土地に適した買い手の需要があります。

しかし、広告もしてるのに何カ月も売れない土地というのもたくさん存在しています。

もし、買い手からの問合せなど反響がないようであれば、売りやすい要素、売りにくい要素を見誤っていて、その価格は市場相場から見て適正じゃない、高すぎると判断されているかもしれません。

  • 売りたい土地がある
  • 土地が売れない
  • いくらで売れるか知りたい
  • 高く売りたい等

春日井の土地の売却でお困りのことがあれば、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

 

 

お問合せ

 

おすすめの記事