売却

【土地の広さで売れる価格は変わる!?】50坪と200坪の土地、売りやすいのはどっち?

売りやすい土地の広さ50坪と200坪どっちが売りやすい?

土地には売買相場がありますが、その相場というのは地域ごとに違いますね。

「〇〇町は坪40万くらい」

「△△町は坪35万くらい」

「□□町は30万かな」とか。

でも、実際の売買において、〇〇町の土地がすべて坪40万で売れるわけではありません。

〇〇町の土地なのに

坪45万で売れる土地もあれば

中には坪35万でも売れない土地だってある。

なぜか?

それは「売りやすい土地」と「売りにくい土地」の違いがあるからです。

 

売りやすい土地と売りにくい土地はなにが違うのか

土地の売買価格というのは

売主と買主が合意すればいくらで売買しようが自由です。

 

春日井で売りやすい土地の広さ

 

しかし、売主が

自分の土地はすごく価値があると思って

高い値段で売ろうとしても

その土地を欲しいと思う人がいなければ

思い通りに売ることはできません。

 

例えば

場所がよいとか、地形がよいとか、陽当りがよいとか

買い手によって求める条件はいろいろですが

その土地を欲しいと思う人が多くいるほど

「売りやすい土地」となります。

 

イコール高く売れる可能性が高いということ。

その逆に欲しいと思う人が少ないほど

「売りにくい土地」というわけです。

 

その中で

「土地の広さ」というのも

売りやすさをわける大きな要素の一つなのです。

 

50坪と200坪の土地があります。さて「売りやすい広さ」はどっち?

売りやすい「土地の大きさ」の話をしましょう。

 

例えば、00坪の土地と50坪の土地があったとします。

 

春日井市内にある用途として

住宅建築向けの土地とした場合

どちらが売りやすいと思いますか。

 

売りやすいということは、高く売れる可能性が高いということです。

 

今回は「売りやすい広さ」の話がしたいので場所とか地形とか周辺環境とかいろいろな要素はおいときます。

 

50坪の土地の方が売りやすい

答えを先に言うと

50坪の土地の方が売りやすいと言えます。

 

春日井の場合は

土地を買う人のニーズはほとんどがマイホーム建築です。

そしてマイホームの建築目的の個人の方だと50坪くらいで探している方が一般的です。

個人で200坪の土地を探している人はまずいないでしょう。

 

買い手には

「自分で家を建てる土地を探している個人」以外にも

「建売などの分譲事業をおこなう法人」がいます。

 

建売業者などの場合は

50坪でも200坪でも

分譲事業ができる土地なら

実際にはどんどん買ってくれます。

 

業者は儲けるために買うので

価格はしぶめ(安い)の傾向があります。

 

結論としては

200坪の土地よりも

50坪の土地を探している買い手の方が圧倒的に多い。

つまり50坪の土地の方が売りやすいというわけです。

 

200坪は売りにくい!?

ただ200坪の土地が売れないわけではありません。

事業用地や建売用地のニーズがあります。

事業用途なら

むしろ50坪より200坪の広さのニーズの方が高いでしょう。

買い手の条件にはまれば高く売れます。

 

とは言えマイホーム建築の個人で200坪を買う人がほぼいない。

なので事業用地や建売用地としての条件からはずれると買い手を探すのがむずかしくなります。

 

50坪の住宅用地であれば

条件が悪くても誰かはその土地を気に入って買っていきます。

 

条件の悪い200坪でも

いつかは誰かが買っていきますが

50坪の土地に比べれて

価格の下げ幅は大きくなる可能性が高いでしょう。

 

 

そういう意味では

200坪の土地は

50坪に比べるとつぶしが利きにくいと言えます。

 

でも200坪が売れないわけじゃない。

安心してください。

 

買い手が一番多いと思われる価格帯は?

繰り返しになりますが

名古屋のベッドタウンとして発展したきた春日井の

土地購入のニーズのほとんどはマイホーム建築のためです。

 

2階建て4LDK、駐車場2、3台おけるマイホームを建てるのに

40~50坪ほしいというイメージ。

土地の購入予算として

1500万~2000万で探している方が多い。

 

春日井のそれなりの場所の土地相場が坪単価35~45万くらいです。

 

例えば

坪単価40万で広さ50坪なら

土地価格は2000万。

 

予算ありきで考えても

40~50坪が最適な広さになります。

 

それくらいの土地の広さで

日当たりとか地形とか場所とか

条件の良い土地で

1500~2000万くらいの

価格帯は人気です。

 

これが「売りやすい土地」ということです。

 

まとめ.実際は広さだけで判断しないけど土地ごとでなんらかのニーズがある

今回は、土地の大きさをテーマに、

売りやすい土地の話をしましたが、

実際には、大きさだけじゃなく、

場所や地形や周辺環境など

いろいろな複合的な要素があわさって、

最終的に価格に反映されることになります。

 

売主としては

土地を売るときに

いくらの価格をつけても自由です。

 

いまだと30坪くらいで建てられる方も増えていますし、

厳密に言えば50坪でも売りにくい土地もあれば

200坪でも売りやすい土地もあるわけですが、

基本的には50坪の土地の方が高く売れる(総額ではなく坪単価)可能性は高いと言えます。

 

今回の記事では

売りやすい売りにくい傾向を

広さだけで説明してみましたが

どんな土地であってもなんらかのニーズはあります。

 

500坪でも

1000坪でも

10000坪でも

買い手のニーズにはまる可能性のあるところが

不動産のおもしろさでありむずかしさです。

 

こちらもCHECK

【土地売却と家屋解体】先に解体更地にして売るべきか?古家有の現状で売るべきか?
【土地売却時の家屋解体】古家がある場合、先に建物解体しないと土地は売れない?

老朽化した家屋が建っている土地を売却する場合、先に建物を解体して更地にしてから売却した方がいいですか? というご質問をいただきました。 今回は、このことについて記事にしてみます。   先に古 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

代表 山本直嗣

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプと四柱推命。

-売却
-, ,