購入

【中古戸建を購入した300人に聞きました】住宅購入のプロセス&マインド2020

中古住宅購入のきっかけ

実際に家を買った人から学ぶ「中古一戸建て」探しのヒント

不動産広告会社のアットホームさんが2020年7月におこなった住宅購入におけるユーザー動向調査のデータが興味深い。

2018年6月から2020年7月までに住宅を購入した21歳~49歳の男女が対象のアンケートですが、一般の方が住宅を購入に至るまでにどういうことを気にして家探しをしたのかがよくわかります。

前回、第1弾として「中古マンション」、第2弾は「新築一戸建て」を買われた各300人のアンケート結果を検証してみました。

今回は第3弾として、「中古戸建て」を取り上げます。

中古一戸建ての購入のきっかけ

中古マンション、新築一戸建てと同様ですが、

「1.住まい探しのきっかけ」「2.探し始めて契約までにかかった期間」「3.他に検討した住宅のタイプ」「4.住まい探しで重視したこと」「5.途中で妥協したこと」「6.重視すればよかったこと」「7.重視した仕様・設備」「8.途中で妥協した仕様・設備」「9.重視すればよかった仕様・設備」

なお、今回のアンケートデータはすべて、アットホームさんの「ユーザー動向調査住宅購入のプロセス&マインド2020」を引用させていただいています。

 

1-1.住まい探しのきっかけ

現在の住まい(中古一戸建)を探し始めたきっかけは何ですか?(複数回答)※上位10項目を表示

  1. 前の住まいに不満があったから(24.5%)
  2. 家賃を支払うことが嫌になったから(24.2%)
  3. 生活環境・ライフスタイルを変えたかったから(22.4%)
  4. 子どもができた・生まれたから(22.4%)
  5. 結婚・婚約したから(14.7%)
  6. ローン返済や収入条件など購入できる年齢の限界が迫っていたから(14.5%)
  7. 子どもの教育環境(幼稚園・小学校・中学校・高校)が決まったから(14.1%)
  8. 金利が安いうちに買いたかったから(12.0%)
  9. お買い得な状況だと思ったから(11.2%)
  10. 親と同居・近居するため(9.4%)

中古一戸建てを探すきっかけの1位は「前の住まいに不満があったから」でした。2位の「家賃が支払うことが嫌になったから」とともに、中古マンションと新築一戸建てでも上位TOP3に入る理由となっています。3位は「生活環境・ライフスタイルを変えたかったから」と「子どもができた・生まれたから」という理由が並んでいます。1位から3位まではほぼ同率ですので、とりわけ家探しのきっかけの強い理由となっていることがわかります。

 

1-2.探し始めてから契約までにかかった期間

中古一戸建を探し始めてから(物件情報を検索したり雑誌を購入したいなど)契約するまでにかかった期間をお選びください。

  1. 3カ月程度(27.8%)
  2. 6カ月程度(22.5%)
  3. 1年程度(19.9%)
  4. 1ヶ月以内(9.3%)
  5. 2年程度(9.0%)
  6. 3年程度(5.2%)
  7. 5年以上(3.8%)
  8. 4年程度(1.6%)
  9. 5年程度(1.0%)

中古マンションと同様に、探し始めてから3ヶ月程度で購入された方が1番多いですが、半年以内(1ヶ月、3カ月、6カ月)に買われてる方は70.2%にも達します。「1年程度」を含めると、80%近くの方が探し始めてから1年以内に購入されています。

 

1-3.ほかに検討した住宅タイプ

中古一戸建の購入検討時に並行して検討(物件情報を検索したり調べたり)した住宅タイプがあれば教えてください。(複数回答)

  1. 他には検討していない(41.3%)
  2. 新築一戸建(建売住宅)(39.7%)
  3. 中古マンション(23.4%)
  4. 新築一戸建(注文住宅)(22.9%)
  5. 新築マンション(12.1%)
  6. 賃貸住宅(8.0%)
  7. その他(1.20.8%)

新築一戸建で注文住宅で検討されている方は、他は検討していない人が61%と際立って多かったですが、中古一戸建を探している方もそれに続いて、他は検討していない方が41.3%もいました。ほかに新築一戸建ても並行して探した人も40%近くいますが、春日井でいえば、築年数の浅いグレードや程度の良い中古戸建を探そうとするとなかなか2000万円以内ではないので、3000万円前後で買える新築建売住宅も選択肢に入ってくることは多いです。

 

1-4.最初から最後まで変わらずに重視したこと

価格以外で、現在の住まいを探した際、最初から最後まで変わらずに重視したことは何ですか?(複数回答)

  1. 部屋の広さや間取り(63.7%)
  2. 駐車場(44.8%)
  3. 通勤・通学の利便性(37.6%)
  4. 日当りの良さ(33.6%)
  5. 街の治安・雰囲気(28.9%)
  6. 築年(27.2%)
  7. 最寄駅から自宅までの距離(27.1%)
  8. 最寄駅・利用路線の利便性(25.6%)
  9. 騒音が少ない・周りが静か(25.4%)
  10. 収納量(23.2%)
  11. 実家までの距離(22.5%)
  12. リビングの広さ(21.9%)
  13. 周辺の商業施設の充実度(18.1%)
  14. 階建て(18.0%)
  15. 風通しの良さ(18.0%)
  16. キッチンのタイプ(対面式キッチンなど)(17.6%)
  17. 敷地面積(17.3%)
  18. 周辺の自然環境(16.8%)
  19. 建物外観のデザイン(14.9%)
  20. キッチンの広さ(14.8%)
  21. バルコニー・庭の広さ(14.5%)
  22. 地盤の固さ・浸水の危険性(14.1%)
  23. ふろ場の広さ(13.9%)
  24. ふろ場に窓があること(13.7%)
  25. 内装のデザイン(13.5%)
  26. トイレに窓があること(11.9%)
  27. 保育施設の多さ・近隣学校の評判(11.7%)
  28. 耐震・耐火など防災性能が優れていること(11.0%)
  29. 眺望(8.7%)
  30. 建物の工法・構造(8.2%)
  31. トイレの広さ(8.2%)
  32. 医療・介護施設の近さ(7.8%)
  33. 防風・防雨機能・ひさしなど(7.0%)
  34. 周辺の歩道の広さ・整備(7.4%)
  35. ゴミ出しの場所・時間(7.1%)
  36. 断熱性能が優れていること(7.0%)
  37. 和室(6.8%)
  38. 駐輪場・バイク置き場(6.3%)
  39. コミュニティ(町内会・自治会など近所のお付き合い)(6.2%)
  40. 防音性能が優れていること(5.8%)
  41. 地縁(5.6%)
  42. 幹線道路や高速ICの近さ(5.5%)
  43. 天井の高さ(4.8%)
  44. 住宅メーカー・デベロッパー・販売会社のブラン(4.3%)
  45. 地域ブランド(4.1%)
  46. 行政サービスの内容(4.1%)
  47. バリアフリー(2.7%)
  48. 管理サービス・ソフトサービス・共用施設の充実度(1.8%)
  49. 二世帯向き(1.6%)
  50. その他(1.6%)
  51. 特にない(4.0%)

中古戸建の場合は、これから自分の要望に合わせて建てる新築戸建と違って、中古マンションと同じようにいま売りに出てる既存の物件の中から選択することになります。ただし中古戸建の場合はこれからリフォームをして自分の要望に合わせて間取りや仕様設備を変えることが可能です。買うときに重視する項目としては、リフォームで変更可能な仕様設備よりは、変更不可能な立地や地域性などの利便性などが重視される傾向があります。

 

1-5.途中で妥協したこと

価格以外で、途中で妥協したことは何ですか?(複数回答)※上位10項目を表示

  1. 築年(33.3%)
  2. 部屋の広さや間取り(12.7%)
  3. 最寄り駅・利用路線の利便性(7.7%)
  4. 駐車場(7.2%)
  5. 日当りの良さ(6.8%)
  6. 最寄駅から自宅までの距離(6.8%)
  7. 内装のデザイン(6.8%)
  8. 建物外観のデザイン(6.7%)
  9. 眺望(6.7%)
  10. ふろ場の広さ(6.7%)

中古マンションや新築戸建を探すのと同様に、中古一戸建を探すにあたっても理想を全部叶えるというのは現実的にはむずかしいので、理想通りの物件が見つからなければなにかしら妥協する選択に迫られることが多々あります。中古一戸建の場合は、注文住宅と違い既存の売り物件の中から選択することになるので、なかなか希望の場所に売りが出なかったり、予算の関係で妥協せざるを得ないところがでてきます。ちなみに1位の「築年数」は33.3%の人が妥協していますが、良質な物件かどうかは築年数で決まらないので、ほかに重視すべき項目を選択された結果であればまったく問題はないと考えます。

 

1-6.重視すればよかったこと

実際に住んでみて、もっと重視すれば良かったと思うことは何ですか?(複数回答)※上位10項目を表示

  1. 部屋の広さや間取り(13.1%)
  2. 駐車場(9.0%)
  3. バルコニー・庭の広さ(8.0%)
  4. 日当りの良さ(6.7%)
  5. 築年(6.5%)
  6. 収納量(6.1%)
  7. 建物外観のデザイン(6.0%)
  8. リビングの広さ(5.3%)
  9. 防音性能が優れていること(5.1%)
  10. キッチンの広さ(4.9%)

中古マンションや新築一戸建のときも言いましたが、ある意味これは家を買われた方が、後悔しているポイントになるので、これから一戸建を探される方は参考にしていただくといいと思います。中古一戸建はリフォームを前提として買われる方も多いので、予算内のリフォームでも改善できない項目を重視して頂きたいと思います。1位の部屋の広さや間取りというのは、実際は住んでみないとわからないこともたくさんあるのでむずかしいところですが、収納が少ないとか、部屋の大きさや日当たりなど、毎日の生活でストレスを感じないように自分と家族の居心地をよくすることが重要です。

 

1-7.最初から最後まで変わらずに重視した仕様・設備

現在の住まいを探した際、最初から最後まで変わらずに重視した仕様・設備は何ですか?(複数回答)

  1. 追い炊き機能機能付バス(18.6%)
  2. 温水洗浄便座(17.9%)
  3. トイレ2カ所(17.0%)
  4. 3口以上コンロ(14.4%)
  5. カウンターキッチン(21.1%)
  6. ウォークインクローゼット(10.5%)
  7. 押入れ(9.1%)
  8. オール電化(8.5%)
  9. 電気コンロ・IHコンロ(8.1%)
  10. シューズインクローゼット・大きい靴箱(7.8%)
  11. 食器(洗浄)乾燥機(7.6%)
  12. 浴室乾燥機脳・浴室暖房(7.0%)
  13. シャワー付洗面台(6.8%)
  14. 人感センサー照明(5.9%)
  15. バス1坪以上(5.6%)
  16. 高速インターネット回線(5.5%)
  17. 24時間換気機能(5.2%)
  18. 二重施錠(5.1%)
  19. 浄水器(4.9%)
  20. 複層ガラス窓(4.8%)
  21. 保温機能付きバス(3.9%)
  22. タンクレストイレ(3.8%)
  23. 書斎(3.5%)
  24. バルコニー水道蛇口(3.2%)
  25. トイレ内手洗い(3.1%)
  26. ダウンライト(3.1%)
  27. 省エネ給湯器(3.0%)
  28. 床暖房(2.9%)
  29. バルコニーコンセント(2.9%)
  30. 床下収納・天井裏収納(2.4%)
  31. 高気密・高断熱サッシュ(2.3%)
  32. アイランドキッチン(2.3%)
  33. 宅配ロッカー(2.1%)
  34. テレビ付浴室(1.9%)
  35. 太陽光発電・家庭用蓄電池(1.8%)
  36. ディスポーザー(1.0%)
  37. 使用電力の可視化機能(1.0%)
  38. コンベック・オーブン(0.7%)
  39. スロップシンク(0.7%)
  40. 携帯電話用電波強化システム(0.6%)
  41. スマートフォンによる家電制御システム(スマートホーム)(0.4%)
  42. 自家発電機能・コージェネレーションシステム(0.4%)
  43. その他(2.0%)
  44. 特にない(36.0%)

TOP10に入っている項目は、ガスとの好みがわかれる8位のオール電化と9位のIHコンロを除けば、皆さんになくてはならない必需項目かと思います。それ以外は個人的にはなくても困らないのがほとんどですが、実際に「特にない」というのが36.0%と一番多くなっています。特に仕様設備の項目については住んでみないとわからないこともありますが、リフォーム等で改善できることも多いですし、なかったらないで慣れてしまいやすいです。

 

1-8.途中で妥協した仕様・設備

途中で妥協した仕様・設備は何ですか?(複数回答)※上位10項目を表示

  1. シューズインクローゼット・大きい靴箱(6.2%)
  2. 床暖房(5.1%)
  3. オール電化(4.7%)
  4. 電気コンロ・IHコンロ(4.2%)
  5. トイレ2カ所(3.9%)
  6. 書斎(3.8%)
  7. 人感センサー照明(3.8%)
  8. テレビ付浴室(3.3%)
  9. 宅配ロッカー(3.3%)
  10. 食器(洗浄)乾燥機(3.0%)

 

1-9.重視すれば良かった仕様・設備

実際に住んでみて、もっと重視すれば良かったと思う仕様・設備は何ですか?(複数回答)※上位10項目を表示

  1. シューズインクローゼット・大きい靴箱(5.5%)
  2. 宅配ロッカー(4.6%)
  3. ウォークインクローゼット(4.2%)
  4. 押入れ(4.1%)
  5. オール電化(3.8%)
  6. 床暖房(3.8%)
  7. 人感センサー照明(3.3%)
  8. 太陽光発電・家庭用蓄電池(3.2%)
  9. 複層ガラス窓(3.0%)
  10. バス1坪以上(2.9%)

 

まとめ.購入した中古一戸建ての満足度とその理由

購入した中古一戸建ての満足度を【0~100点】で教えてください。

  1. 80-99点(57.1%)
  2. 60-79点(17.7%)
  3. 100点(11.7%)
  4. 40-59点(6.6%)
  5. 20未満点(3.8%)
  6. 20ー39点(3.1%)
★購入した中古一戸建ての満足度の平均点は76.3点でした

購入した住宅の満足度の理由については、満足した理由として、設備も問題なく快適に暮らせているとか前のオーナーのセンスがとてもよく中古とは思えない程良い状態の家を購入できたなどの意見があったようです。不満だった理由としては、改修箇所が多い、住んでみたら気に入らないところや欠陥があるところがでてきて改修が必要になったなどが理由に上がっています。

中古一戸建てについては、前のオーナーのセンスが良くて満足するのと逆に欠陥があって後悔していると当たり外れが大きいので、物件をよく吟味する必要があります。購入した中古一戸建ての満足度の結果としては、満足度80点以上が68%以上、そのうち100点満点が11%もいます。平均点は、中古マンション、中古一戸建と比べると3ポイント低いですが、それでもおおむね満足度は高いです。

今回のアットホームさんのユーザー動向調査は、実際にマイホームを購入した方のアンケート結果ですので、これから家探しをされる方にはとても参考になると思います。買ったあとで後悔しないように、妥協してもいいところと絶対妥協してはいけないところを間違えないように、家族との意見調整も大切にして楽しい家探しをしていただければと思います。

 

こちらもCHECK

新築住宅建売注文住宅購入のきっかけ
【新築戸建を購入した300人に聞きました】住宅購入のプロセス&マインド2020

続きを見る

  • この記事を書いた人

代表 山本直嗣

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプと四柱推命。

-購入
-, , ,