pickup

step8 引渡し前のチェック

お引渡し・残金決済まであと少しです。

その前に、現地にて引渡し物件の最終チェックを行います。

お引渡し後の不要なトラブルを回避する為にも、物件現況の共通理解をしておかなければいけません。

 

新築住宅の場合、引き渡し前に完成した住宅の仕上がりを確認します。

契約書及び仕様書通りの仕上がりになっているかどうかをチェックします。

  • 内装材や建具、設備などが契約通りのものになっているか
  • 建具の開閉はスムーズか
  • 壁材や床材、天井などの端や継ぎ目の処理はきちんとされているか
  • 傷はないか

などを確認します。

 

中古住宅や中古マンションの場合には

売主から告知書(付帯設備及び物件状況確認書)に基づき引渡日までに

  • あらかじめ約束された付帯設備があるかどうか
  • 予定外の不具合や残置物はないか

など確認します。

 

土地の場合も

  • 境界杭や境界線を確認し越境がないかどうか
  • 更地渡しであれば解体が完了しているかどうか

など契約条項に従い確認します。

 

不具合等があれば引き渡しまでに修正依頼をすることとなります。

さぁ、いよいよお引渡しです。オーナーになる心の準備はできましたか?

 

おすすめの記事