不動産購入

【春日井のマイホーム購入】其の九 決済当日に残代金授受し所有権移転すべし

step9 ついにマイホームの残金決済・物件引渡し

売買手続きの集大成。所有権が移動する日。

いよいよマイホーム物件の引渡し、決済日となります。残金決済とは売買の最終手続きのこと。買主は売買物件の残代金を売主に支払い、売主は物件を買主に引き渡します。所有権移転登記も同日におこないます。つまり不動産の所有権が完全に売主から買主に移動する手続きとなります。売主にとっては売買代金すべて受け取ると同時にご自身の不動産を物理的にも本当の意味で手放す日といえるかと思います。売買契約はこれで終了となります。

決済は買主の指定銀行でおこないます

銀行ローン決済の場所は買主が住宅ローンを借り入れる銀行でおこなうのが一般的です。買主指定の銀行に、買主と売主、そして司法書士や不動産業者などの関係者が一同に集まります。司法書士が所有権移転登記に必要な書類を確認したのち住宅ローンの融資が実行され売主へ残代金を支払います。また同時に諸費用の支払いもおこないます。日時については売主と買主の都合を調整して決めますが銀行や役所が開いている平日の午前中や午後一番の日程でおこなわれることが多いです。

決済当日の流れにつて

概ね以下のような手順でお引渡しが進みます。

1.決済場所に売主・買主・司法書士・不動産業者等の関係者が集合

決済場所は通常は買主が指定する金融機関となります。

2.登記に必要な書類の確認

所有権移転登記の申請に必要な書類が揃っているか、司法書士が確認します。
住宅ローンが残っている場合は抵当権抹消に必要な書類も確認します。

3.買主より残代金の受領

買主様から売主様に残代金が支払われます。通常は銀行振込により残代金を授受します。

4.鍵や関係書類の引渡

一戸建やマンションの場合、売主様は買主様へ物件の鍵を引渡します。管理規約、パンフレット、建物付帯設備の取扱説明書などがある場合は一緒にお渡し致します。

5.固定資産税や管理費等の精算

固定資産税や管理費など負担金の清算をします。引渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主様の負担として日割り清算で行うのが一般的です。

6.諸費用の支払い

最後に仲介手数料や登記費用、その他必要に応じて費用の支払をします。

7.引渡完了

登記の申請手続きを司法書士に委任をし、売主より鍵や引継書類等を受け取れば引渡し決済は完了です。以上をもって、売買契約が完了となります。これにて正真正銘の物件の新しい所有者となりました。マイホーム購入おめでとうございます!!!

かんたん1分購入物件リクエスト

売買物件のリクエストをお送り頂くと、毎日入手される春日井の新着物件情報の中から、お客様の希望条件に近い物件情報を定期的にお送りいたします。情報提供はすべて無料です。ご購入が決まるまでお届けします。情報が不要になった場合はいつでも中止することができます。

購入物件リクエストはコンピュータによる自動受付です。
以下のフォームに必要事項を記入/選択後、最後に送信ボタンを押してください。

    • この記事を書いた人

    代表 山本直嗣

    春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプと四柱推命。

    -不動産購入