pickup
春日井の土地売却

隣の土地が坪40万で売れたらしい。じゃあ、うちの土地はいくらで売れる?

もしあなたが自分の土地を売るとして・・・

近所の土地は40万で売れた。という話を聞いていたら・・・

自分の土地も同じ金額で売れると思いますよね?

なんだったら「最低でも」それ以上で売りたい。

そう思ってもおかしくありません。

 

でも、実際は、同じ金額もしくはそれ以上で売れるとは限りません。

 

なぜなら、土地にはそもそも定価はない。

売り手と買い手が合意するならば、相場より高かろうが安かろうがいくらで売買してもいい。

つまり、土地は時価なんですね。

 

その時の需要と供給のバランスで価格は決まっています。

 

その土地を欲しいと思う人が多ければ多いほど高く売れる。

欲しい人が少なければ少ないほど価格は安くなる。

 

単純に言うと、そういうことです。

 

近所の土地がいくらで売れたかという情報は、売り手買い手双方が納得しやすいので、一番の目安にはなります。

が、しかし、隣の土地が坪40万で売れたからと言って、自分のとこの土地も同じかそれ以上で売れるかというと、そうとは言い切れないところが、不動産取引のむずかしいところ(おもしろいところ)なのです。

土地の個別の条件とは?価格の違いが生まれる理由。

似たような土地はあっても、同じ条件の土地は2つと存在しない。

面積が違う、地形が違う、間口が違う、奥行きが違う、高低差が違う、向きが違う、道路が違う、隣の建物が違う、日当たりが違う‥など。似てる土地でも、現場の違いは無限大にあります。

 

さらに。

土地の現場の状況以上に大きな違いというのが、売主が違う。売却事情が違う。

 

さらにさらに。

時期が違う。経済情勢、市況が違う。買い手が違う。

 

同じ地域性の土地だとしても、ぱっと見似たような土地だとしても、土地ごとに良くも悪くもたくさんの違いがありますから、価格が違ってくるのは当然です。

 

例)土地の広さが売買価格に与える影響について

売りやすい土地の広さ

例えば、春日井市の住宅街に、50坪の土地と200坪の土地が2つ並んでるとして、その地域相場が坪40万とします。(話をわかりやすくするために、広さ以外の条件にはふれません。)

だいたい坪40万で売れる地域だとすれば、50坪の地主は2000万、200坪の地主は8000万で売れることを期待しますよね。

でも、土地は時価で、買い手がついて売買成立ですから、話はそう単純にいきません。

まず、50坪の土地は問題ありません。まず間違いなく2000万なら売れるでしょう。

住宅用地として、この地域で50坪の土地を探している人がたくさんいます。土地予算も2000万は用意している人がたくさんいるでしょう。

ひょっとすると、坪43万、2150万くらいでも買い手はみつかるかもしれません。その広さと予算で探している人がたくさんいるからです。

 

でも、200坪の土地はどうでしょうか。

同じように坪40万で売れるかというと、ちょっと心配です。

なぜか。

200坪の土地を探している人も予算8000万出せる人もそうそういないからです。(いないわけではないです。)

地形や日当たりなど土地の条件が良くても、買い手がいなければ、売り手の希望価格というのは、絵に描いた餅になってしまいます。

 

もちろん、坪40万8000万で売れる可能性はないわけじゃありませんが、ある程度大きな土地の場合は、分譲業者などの事業者が買い取る場合が多いのではないでしょうか。

価格は相場よりは安くなってしまうのが一般的です。

 

まとめ.売主の値付けは自由だが、その価格で買い手がつくかどうかは別。不動産屋の責任とは。

最初の問いに戻りましょう。

隣の土地が坪40万で売れたらしい。じゃあ、うちの土地はいくらで売れる?

 

基本的には

近所の土地と同じくらいの価格で売れる可能性は高いのです。

 

でも、もっと高く売れる可能性もあれば

安くしか売れない可能性もあります。

 

物件の性質は似てても同じではないし、

売買市場の時勢や動向、売主や買主の事情、地域特性など

さまざま状況で変わってきます。

 

売主がいくらで売ろうとしてもそれは何の問題もないのです。

売値をいくらにしようが自由。

 

でも肝心なのは、その値で買い手がつくのかどうか。

 

本来、不動産屋は売り手に提示した査定価格で、買い手を責任をもって見つけないといけないと思うのですが、

その査定価格というのは、たぶん売れるであろう金額であって、絶対に売れるという保証価格ではありません。

 

もし仲介価格で売れなければ、業者が買取るという保証があったとしても

仲介の査定価格で買いとってはくれないのです。ズルいと思いませんか?

 

インチキ高値査定の不動産屋に注意!!

売主の心情として

少しでも高く売りたいというのは当然ですが

絶対に他社より高く売りますなんていって

極端に高い査定を出してくる不動産屋はちょっと注意が必要です。

その高い査定価格で買う

お客様の当てがあって言ってるのか

それとも

ただこれから頑張って探しますというだけの話なのか

月とスッポンくらい違う話です。

 

高く売りに出したのはいいけど

売れずに時間だけ無駄に過ぎちゃって

結局、値下げしてくれって

泣きつかれるだけの可能性もあります。

 

そんな物件がごろごろあることも

知っておいてください。

 

 

お問合せ

 

おすすめの記事