pickup

家を売るときの不用品やごみ処分の考え方

マイホームなどの家屋を売却するときに、不要な家電や家具、処分したいゴミなどをどうするかで頭を悩ませる売主様が多くいらっしゃいます。

長年お使いになられていれば、そのゴミの量も半端ないケースも珍しくありません。残したいもの、価値のあるものと選別するのも一苦労です。

その場合、売主はどのように対処すればいいのでしょうか?この記事では不用品やゴミの処分方法について説明します。

不用品やごみは売主が撤去が原則

家を売るとき不用品はどうすればいい土地や建物を売る場合、現状有姿(げんじょうゆうし)で売買するのが一般的です。

契約の対象物はその土地や建物そのものだけですから、いわゆる「残置物(ざんちぶつ)」は売主が撤去してから、土地建物を買主に引き渡さないといけません。

残置物の撤去は、売買契約を締結してから、引き渡しまでの間に行えば大丈夫です。

ただし、買主との合意の上で「残置物」を残したまま引き渡すケースもあります。例えば、住居でまだ使用できるエアコンとかカーテンとかテーブルとか買主が引き継いで使用したい家電や備品類です。

買主が金銭の対価を渡すこともありますが、売主にとっては撤去の手間や費用を考えれば無償でも引き取ってもらえればラッキーです。

残置物は、家屋内のものだけじゃなく、屋外の物置や植栽なども買主が不要であれば撤去の必要がありますが、そこは話し合いで取り決めることとなります。

考え方の基本は、お部屋は空っぽにして、屋外にも不要品を残さないようにしましょうと言うことです。

自分でするか業者にまかせるか

では、実際に処分をする場合、どうすればいいのでしょうか?

自分で片付けて処分するか、業者に依頼して処分してもらうかのどちらか?

あるいは自分でできるところまで処分して、それ以降は業者に任せるというケースも多いです。

  • 一般の家庭ごみとして出す。
  • 自治体のクリーンセンターに持ち込む。
  • リサイクル業者に引き取ってもらう。

などご自身でもやろうと思えばできることはあります。

手間はかかりますが、処分費用のコストは多少なりとも下げることは可能です。

現実的には、一般の方がすべて処分するというのも限界があるので、必要なものだけ引き上げて、あとは業者におまかせの方がほとんどかと思います。

業者に依頼する場合いくらかかるのか?

業者に依頼する場合には、どれだけ費用がかかるか気になるところです。

自分で家庭ごみとして処分するのと違い、産業廃棄物の処分となるため、費用が高額になってしまいます

業者さんや現場の状況によっても大きく変わるので、現場確認による見積りでしか金額は出せないのですが、あえて相場をいうと、2トントラック1杯容量が4立米ほどですが、処分運搬で2~3万円/立米くらいでしょうか。

ちなみに、2階建の一戸建(30坪ほど)の大きさで、少なくても10~20立米くらいの量は出てくると思われます。

雑品、木類、プラスチック類、繊維くず類、陶器ガラス類など品目分類によって処分費も変わりますが、基本的には、1立米当たりの単価にゴミの総量を積算した金額に、作業人工や運搬費、家電リサイクル費等は別で必要になります。

当社のお客様の場合は、すべて一般個人の住宅ですが、残置物撤去の総額で10万円ほどで済んだ場所もあれば、20坪の家なのにゴミ屋敷だったところは100万円ちょっとかかった場所もありました。なんだかんだで、家1軒分で数十万単位の費用が掛かっているところが多いのではないでしょうか。

ちなみに、無料回収をうたうリサイクル業者がいますが、もちろんすべて無料で引き取ってもらえるわけではありません。むしろ、有料オプションが多く、すべてのゴミに対応できないので、家電などで本当に無償で引き取ってくれるもの以外は頼む必要はないと思います。

まとめ

  • 家を売るとき不用品はどうすればいい?家屋を売るとき不用品の処分撤去は、原則として売主が行う。
  • 屋外の不要品もすべて撤去する必要がある。
  • 家庭ごみとして出すなど自分で処分できる方法もある。
  • 家1軒分の残置物撤去で数十万円単位の費用が掛かる(当社お客様調べ)。
  • 2トントラック1杯の容量が4立米。運搬処分で2~3万円/立米が目安。
  • 自分でやれるだけやって残りを業者に頼んでもいい。
  • 残置物の撤去は、売買契約を締結後、引き渡しまでの間にすればよい。
  • 無料回収のリサイクル回収業者は無償以外のものは利用しない。

     

    おすすめの記事