pickup

今住んでる家を売却して、新しい家を購入したい。買換えの注意点。

いまの家を売る。新しい家を買う。

マイホームを買換えする場合、売るのと買うのを同時進行で進める必要があります。

  • 売る方が先に決まっても、次の家が見つからない。
  • 次の家は見つかったのに、今の家が売れてない。

    片方だけ決まっても、買換えの場合は、話をすすめられない場合が多いです。

    新しいおうちを自己資金で買える場合や、セカンド住宅ローンを利用できる属性の方は、心配無用ですが

    いまの住まいの住宅ローンが残っている場合は注意が必要です。

    なぜなら、通常、住宅ローンは、ダブルで組めないから。

    いまの家の住宅ローンを完済しないと、新しい家の住宅ローンがくめないのです。

    いったん自己資金で住宅ローン完済できる人も問題ありません。

    でも、いまの住まいを売ったお金で、住宅ローンを完済する条件の場合、売却と購入のタイミングを合わせなければなりません。

    マイホーム買換えのいったい何がむずかしいのか?

    ただ、現実的には、自分が思うようなタイミングで、家が売れた。新しい家も見つかった。バンザーイ!となりません。

    そもそも売却の話と購入の話は別々の契約です。

    売却には買い手の方がいますよね。そして購入には売り手がいます。

    買い手の方と売り手の方が、こちらの買換えの都合に合わせてくれればいいですが、そのあたりの調整も必要になります。

    1. 売る方が先に決まっても、次の家が見つからない。
    2. 次の家は見つかったのに、今の家が売れてない。

      こういうケースも充分ありえますよ。この場合どうするか?

       

      1.売る方が先に決まっても、次の家が見つからないとき

      春日井シティ不動産ブログのまとめいまの家を買ってくれるという人があらわれました。でもまだ、新しい家は見つかっていない。

      買い手の方が、新しい家が見つかるまで待ってくれるでしょうか。

      待ってくれない人なら断りますか?

      選択肢はこうです。

      1. 新しい家が見つかるまで待ってもらう。
      2. 待ってもらえないなら断る。
      3. 売却するけど、引き渡しまでに新しい家が決まらなければ、仮住まいする。

        どれが正解というわけではありません。

        あなたの事情で決めて大丈夫です。

         

        ただし、考えておくべきことがあります。

         

        1の場合、買い手さんが待ってくれる人なら超ラッキーです。でもいつまでも待ってくれないということ。

        2の場合、断ってもいいが、次の買い手が見つかるか?同じ価格で売れるか?新しい家が買うタイミングで売れるか?はわからないということ。

        3の場合、仮住まい必要がかかります。引越し費用も1回分余分にかかります。

        でも、売っちゃえば、住宅ローンは先に完済できますね。買換えを成功するための重要なミッションはここで果たすことになります。

         

        2.次の家は見つかったのに、いまの家が売れてないとき

        春日井シティ不動産ブログのまとめわー、こんな素敵な家に住みたい。理想の家が見つかって、ぜひ購入をすすめたいと思いました。

        でもまだ、いまの住まいが売れてない。

        果たして、購入は進められるのか?いまの家が売れるまで、売り手さんは待ってくれるのか?

        この場合の選択肢はこうです。

        1. いまの住まいは売れてないけど、購入を進める
        2. いまの家が売れるまで、売り手さんに待ってもらう
        3. いったんあきらめて、まずは売ることを考える
        4. 購入を進めるために、安くても叩き売る。

          これもどれが正解というのはなく、あなたの事情で決めるしかありません。

          でも、考えるべきポイントがあります。

          1の場合、銀行がダブルローンで貸してくれる条件付きでしか進められません。しかも、いまの住まいが売れるまでローン支払いもダブルになります。

          2の場合、待ってくれる売り手さんなら超ラッキー。でもいつまでも待ってくれないでしょう。

          3の場合、振り出しに戻ることになります。でも、売れたタイミングで素敵な物件が見つかるかどうかはわからない。

          4の場合、売ったお金でローン返済予定の場合、安く売っても返済できるならアリです。資金計画が狂わないように注意してましょう。

           

          【まとめ】買換えを成功させるためどうすればいいか?

          売るのも買うのも住宅ローンが絡む買換えの場合、次の3点セットが絶対に必要なのですね。

          1. 家を売るには、希望価格で買ってくれる人が必要。
          2. 家を買うのは、こんな家に住みたいという素敵な物件が必要。
          3. そして、いまの住宅ローンを完済することが必要。

          理想はタイミングをそろえたい。でも、揃わない場合にどうするか。

          僕の考えを言いますね。

           

          大原則は、売り買いを揃うように努力するが、揃わない場合、売りを先行すべし。

          最悪、仮住まいになっても、買い手が見つかったら、売ってローン完済しといたほうがいい。

          そうすれば、あとは、素敵な物件を探すことだけに集中できるから。

           

          以前に、いまの住まいの売却が決まらずに、買う方を先に契約してしまったお客さんがいました。

          結果としては価格をかなり下げてギリギリで売れたそうですが、期限までに売れなければ、最悪住宅ローンがが下りずに、違約解除の可能性もあったので、相当慌てたそうです。

           

          マイホームの買換えというのは、住宅ローンが絡んでいる場合は、綿密にスケジュールや資金計画を調整しておかないと、トラブルの元ですから、よく注意してくださいね。

           

          おすすめの記事