pickup

古家の解体について

老朽化した古家が建ったまま、売っている土地があります。

新たにマイホームを新築するために土地を買う方からすれば、古家はいらないわけなので、じゃあその古家はどうするんだというお話です。

解体は誰がするのか?いつするのか?費用は誰がもつのか?などなど。

結論からいうと、引き渡しの条件によります。

「更地渡し」であれば、売主が、古家を解体してくれます。引渡しのときは更地になっています。

「現状渡し」あれば、買主が、古家つきのまま、土地の引渡しを受けます。それから自費で解体しないといけません。

ちなみに、解体費用の相場は、木造建物で坪当たり30,000~35,000円くらいでしょうか。

現場の状況によりますが、30坪くらいの建物でも100万円くらいは解体費用がかかります。

建物以外にも土地上の門扉や塀や樹木撤去、家具家電や不用品などの廃棄費用も別途必要となります。

「更地渡し」か「現状渡し」かは誰が決めるのか?

買主としては、更地渡しの条件なら、古家解体の心配はなくなります。

「現状渡し」の場合でも、「更地渡しなら買う」とか「解体費用分の値下げして」とかの交渉の余地はあります。

 

買い手が購入を検討しているときには、「更地渡し」か「現状渡し」か、不動産屋さんから説明があると思います。

 

解体してみたら、地中からゴミや埋設物が出てくるリスクもあるので、一般の方であれば更地渡しが安心ですね。このあたりは、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という話になりますが、これは別の記事で書いてみます。

 

売地で出てる物件は、ほとんどが更地渡しだと思いますが、最終的には、売主と買主の話し合いで決めることになります。

 

余談ですが、土地を探している方は、価格次第ですが、築年数の古い中古住宅の中に、住宅解体を前提で土地として検討できる物件があるかもしれません。

 

おすすめの記事