pickup
春日井の空き家の解体

空き家の解体はいつすればいいのか?

空き家の解体について相談を受けました。

 

お客様のご相談内容

実家を相続したけれど、自分はすでに別の場所で暮らしているから、その家を使う予定もない。

しばらくは空き家のままにしておくしかないけど、近くにいるわけじゃないから、古い建物の維持管理が行き届かずになにかあったらどうしようと不安を感じる。

家も老朽化で劣化もひどいし、人に貸すつもりもないし、自分が住むこともできない。

いっそのこと、空き家を解体して更地にしてしまったら、面倒な建物の維持管理の心配もなく、気持ちも楽だと思うがどうだろう。

いま建物を解体することのメリットとデメリット、不動産屋としての意見を聞きたい。

 

昨今、放置空き家に対して近隣からの苦情を見聞きします。

実際には、空き家の中でトラブルになるのはごく一部なのですが、常識的な一般の所有者の方もそのようなトラブルにならないように気をもまれている方も多いです。

今回のお客様は、相続した実家が空き家になってしまい、そのまま空き家のままにしておいても問題がないのか、更地にしてスッキリしておいた方がいいのか、どうすればいいのかアドバイスが欲しいとのことでした。

正直、空き家のまま維持しても、解体更地にしても、結局は目的によりけりなので、どちらが正解とかはありません。

ただ、それぞれにメリットやデメリットはあるので、まずはそのあたりについて述べてみます。

空き家のままの場合と解体更地にした場合のメリット、デメリット

空き家のままで所有する場合と解体して更地にして所有する場合のメリットとデメリットを考えてみます。

メリット デメリット
空き家のまま所有する場合(つまり現状維持)
  • 特に先行投資の必要がない
  • 将来、建物を利用する可能性が残る
  • 土地の固定資産税が安いまま(軽減適用継続)

 

  • 建物の維持管理の手間がかかる
  • 建物の固定資産税がかかる

 

解体更地にして所有する場合
  • 建物の維持管理の手間が不要になる
  • 建物の固定資産税がなくなる

 

  • 解体費用が先行投資で必要になる
  • 土地の固定資産税が高くなる(住宅用地の軽減適用外になる)

 

 

メリット、デメリット、意外と出てきませんでしたが、一番わかりやすい金銭的な損得で言えば、固定資産税の違いです。

一般的に、土地に住宅などの建物が建っていることで、土地の固定資産評価はかなり安くなっているんですね。例えば、小規模住宅用地の特例という制度で、土地評価は6分の1に固定資産評価が軽減されてたりします。

ところが、空き家を解体して更地にしてしまうと、その6分の1の軽減適用外となってしまうので、土地の固定資産税が跳ね上がってしまいます。解体すれば建物の固定資産税はなくなりますけど、おそらく、その分以上に土地の固定資産税が上がる可能性が高いと思われます。

あと、当然ですが、解体するのにお金がかかります。先行投資が必要です。

解体費用の目安としては、木造で坪単価3万~4万くらいでしょうか。30坪の建物でざっと100万。建物以外の外回りやゴミの量によってはもっとかかります。

維持管理の手間や心労的なことはあるにしても、金銭的な面で言えば、空き家を解体して所有する方が、圧倒的に負担が大きい。

そこまでして、空き家を解体して更地にしたい理由があるのか。

そこにつきると思います。

空き家を解体するケースはどんなとき?

メリットデメリットを考えると、特別な理由もなく、空き家を解体して更地にしておくのは、一般的ではなく、イレギュラーなケースだと思います。

では、空き家を解体するとしたら、どんな目的、どんなケースが考えられるでしょうか。

私たちが普段、不動産管理や不動産取引をしている現場の話で言うと、やはり売るか、あるいは貸すか、といった話があったときです。

売る場合は、だいたい買い手が新たに家を建てるわけですし、貸す場合でも、借り手が駐車場で使うとか、具体的な用途が決まって土地を利用する目的のために、空き家を解体するわけです。

もちろん、なかには、土地利用の目的が決まってなくても、所有者の事情や意向で、金銭的な負担をかけて、解体するケースもないわけじゃないですが、それはレアケースと思います。

春日井の空き家管理は春日井シティ不動産結論としては、別に目的がなくても解体してもいいのですが、一般的には、売るときか貸すとき、つまり、土地の利用目的が決まったときに解体すればいい。

それまでは、現状維持のまま、空き家のまま、管理をしていけばいいと思います。

管理といっても大層なことをする必要もなく、適度な草木の伐採やゴミ放置対策とか、常識的に近隣住民に迷惑をかけなければいいのです。

忙しくてご自身で管理ができないなら、当社のような会社に管理を委託すればいいだけです。

お客様の事情によっていろいろなケースがあると思いますが、春日井、名古屋の空き家のことで何かお困りのことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

結局、今回のお客様も、しばらくは解体はせず、現状維持のまま様子をみることとなりました。

 

 

お問合せ

 

春日井シティ不動産の公式LINEアカウントはこちら

友だち追加で、無料相談やお問合せがしやすくなります。対応は代表のわたくし山本がいたします。まったくしつこい営業とかはありませんので、安心してご利用ください。

下記ボタンをポチッとしていただくか、QRコードを読み取っていただくと、かんたんに友だちに追加していただけます。

友だち追加

おすすめの記事
春日井シティ不動産お問合せ