不動産の買付申込書や購入申込書

買付、購入申込書ってなに?いつ出すの?出したらどうなるの?

春日井の土地購入素敵な街並みの住宅街。駅やスーパーや学校にも近く、陽当りがよくて広さも価格も手ごろな人気エリアの売地が出たとします。たまたま同じ時期に不動産屋でその土地を紹介してもらい購入を検討しているAさんとBさんがいます。AさんとBさんは、その土地を購入するにあたり、どのような手続きをすすめていけばいいのでしょうか?買えるのはひとりです。さて、AさんとBさん、どちらが購入できるでしょうか?あるいは、AさんBさん以外のほかの誰かが購入する可能性もあるのでしょうか?

土地の購入は、原則、先に購入申込みをした人優先。基本は先着順。

一般的に、土地や戸建の売買では、先着順で買い手を募っています。AさんとBさんで言えば、先に購入の意思表示をした方が購入できるチャンスを得たということです。そして、その意思表示は、原則、書面で行います。冷やかしではなく、確実に買いますよ。という購入の意思を売主につたえるわけです。その購入の意思表示を示す書面が、購入申込書です。業界用語で買付(かいつけ)とも言います。

 

購入申込書ってなに?なにを書くの?

購入申込書の書式は不動産業者が用意しますが、以下のような項目が記載します。

  • 物件情報(所在や名称や面積や構造など)
  • 購入価格(この価格で買いたいという希望)
  • 支払条件(手付金や残金)
  • 契約予定期日(いつ契約できるか)
  • 引渡予定期日(おおよその引渡しの希望日)
  • その他条件(ほかに何か希望する条件があれば)
  • 署名捺印(普通は認印でも可)

要するに、この条件でこの物件の購入を希望します!という内容の書面になっています。買い手である私のこの条件を売主がOKしてくれたら、速やかに手付金を支払って売買契約をする用意があります。との意を込めて、買主は購入申込書に署名捺印して売主に提出するのです。

AさんとBさんほぼ同時に申込みした場合はどうなる?先着順の意味は?

マイホーム購入そもそも先着順って、どういう意味なのでしょうか?例えば、朝いちばんにAさんが購入申込をしてとして、たまたま、その1時間後にBさんが申込みしてきた場合はどうなるのでしょうか?この場合、基本的には、売主は、まずはAさんと商談を進めることになります。いちおうAさんが1番手。Bさんは2番手ということになります。もし、AさんとBさんの購入を希望する条件がまったく同じだったとしたら、1番手のAさんが正式な買い手とそして売主と取引をすることになると思いますが、この時点ではまだ買付を出しただけで、売買契約の合意には至ってません。あくまでAさんは買主ではなく、買主候補という商談相手の位置づけです。Aさんは、先着順で1番手の商談相手となりましたが、この土地を買えるかどうかはまだわかりません。

1番手は必ず買えるのか?2番手以降に購入のチャンスはないのか?

売り手の希望する売却条件を、すべてAさんがOKして買付証明書をだせば、契約への障害はないはずなので、そのまま売買契約手続きに進むことになります。でも、Aさんから値交渉があるとか、他の希望条件など、売主と合意できなければ、商談破棄となる可能性もあります。あるいは、Aさんの住宅ローン審査が否決されれば、これもまた商談破棄。その場合、2番手のBさんが1番手に繰り上がり、売り手と商談ができることになります。また1番手であっても、ローンの審査に手間取って話がなかなか進まないとか、2番手の方が高い金額で買う意思があるとかで、1番手よりも2番手の方が条件が良いと判断すれば、売主が1番手より2番手との商談を望む可能性もあります。

キャンセルOKでも軽い気持ちで出してはいけない。迷ってるなら買付出すにはまだ早い。

実際に購入申込書を出しても契約前のキャンセル撤回に関しては特にペナルティもなく話を白紙にすることができます。購入申込書出したからといって必ず買わないといけないという法的な拘束力はありません。でも、先着順だからと言って、慌てて書面を出せばいいというものではありません。契約しないと違約金が発生するとかはありませんが、とりあえずの押さえとして軽い気持ちで出すのはNGです。たちの悪いことに、購入を急かす不動産屋がそのように誘導するケースがあるのでご注意を。そんな不動産屋では誠実な対応は不可能です。中には致し方ないキャンセルもありますが、売主にも迷惑をかけることになります。購入をまだ迷っているうちは購入申込書を出してはいけません。出すなら迷いを断ち切って買う気で出しましょう。

2番手になったらなったで仕方ない。焦らず慌てず的確に迅速に決断を。

購入申込書を出す前に検討することはたくさんあります。

  • 物件のことをしっかり把握できてるか?
  • 購入する決断ができてるか?
  • 家族の意見は確認できてるか?
  • 住宅ローン審査の予定はできてるか?
  • 土地の場合、建築会社と相談できてるか?
  • 中古建物の場合、リフォームの相談はできてるか??
  • 手付金の準備と契約日は決めれるか?
  • 引渡しのスケジュールを理解してるか?
  • 購入して後悔しないか

あわてて、購入をすすめてあとで後悔してもいけません。ただし、どこかで購入をするかしないのかの決断はしないといけません。もたもたしている間に、ほかの方に買われて後悔しているお客様も以外におおいのです。しかし、購入を決断をしたのにもかかわらず、2番手になったとしても、購入のチャンスはゼロではありません。1番手がそのまま契約となることがほとんどかもしれませんが、物件を購入するプロセスの経験値は無駄にはなりませんので、必ず次のよい物件にめぐりあえます。2番手になったら、なったで仕方ありません。「もっと良い物件を探しましょう。切り替えましょう。」私ならそうアドバイスします。焦らずに、慌てずに、しかし、的確に、迅速に、決断しましょう。

ほかにも不動産に関する記事を書いています

春日井の土地売買

かんたん1分購入物件リクエスト

売買物件のリクエストをお送り頂くと、毎日入手される春日井の新着物件情報の中から、お客様の希望条件に近い物件情報を定期的にお送りいたします。情報提供はすべて無料です。ご購入が決まるまでお届けします。情報が不要になった場合はいつでも中止することができます。

購入物件リクエストはコンピュータによる自動受付です。
以下のフォームに必要事項を記入/選択後、最後に送信ボタンを押してください。

    おすすめの記事