pickup
不動産の買付申込書や購入申込書

買付、購入申込書の基礎知識

春日井の土地購入新しい住宅街で学校にも近く、陽当りがよくて広さも価格も手ごろな売地。

たまたま同時に、その土地を気に入って、購入を検討しているAさんとBさんがいるとします。

 

購入するにあたり、どのような手続きをすすめていけばいいのか?

買えるのはひとりです。

 

さて、どちらが購入できるでしょうか?

あるいは、ほかの誰かが購入する可能性もあるかもしれません。

 

土地の購入は、原則、先に購入申込みをした人優先。基本は先着順。

一般的に、土地や戸建の売買では、先着順で買い手を募っています。

AさんとBさんで言えば、先に購入の意思表示をした方が購入できるチャンスを得たということです。

そして、その意思表示は、原則、書面で行います。

冷やかしではなく、確実に買いますよ。という購入の意思を売主につたえるわけです。

その購入の意思表示を示す書面が、購入申込書です。業界用語で買付(かいつけ)とも言います。

 

購入申込書ってなに?なにを書くの?

マイホーム購入購入申込書の書式は様々ですが、

  • 物件情報
  • 購入価格
  • 支払条件
  • 契約期日
  • 引渡期日
  • その他条件
  • 署名捺印

など記載されています。

この条件なら購入します。売主がOKしてくれたら、速やかに手付金を支払って売買契約をする用意がありますとの意を込めて、買主は署名捺印するのです。

購入申込書を提出したからといって、契約しないと違約金が発生するとかはありませんが、とりあえずの押さえとして軽い気持ちで出すのはNGです。

AさんとBさんほぼ同時に申込みした場合はどうなる?先着順の意味は?

そもそも先着順って、どういう意味なのでしょうか?

例えば、朝いちばんにAさんが購入申込をしてとして、たまたま、その1時間後にBさんが申込みしてきた場合はどうなるか?

 

この場合は、基本的には、売主は、Aさんと商談を進めることになります。

Aさんが1番手。Bさんは2番手です。

 

ただし、この時点では、まだ売買契約の合意には至っていませんから、あくまでAさんは買主ではなく、買主候補という商談相手の位置づけです。

Aさんは、先着順で1番手の商談相手となりましたが、この土地を買えるかどうかはまだわかりません。

1番手は必ず買えるのか?2番手以降に購入のチャンスはないのか?

売り手の希望する売却条件を、すべてAさんがOKして買付証明書をだせば、契約への障害はないはずなので、そのまま売買契約手続きに進むことになります。

でも、Aさんから値交渉があるとか、他の希望条件など、売主と合意できなければ、商談破棄となる可能性もあります。

あるいは、Aさんの住宅ローン審査が否決されれば、これもまた商談破棄。

その場合、2番手のBさんが1番手に繰り上がり、売り手と商談ができることになります。

 

また1番手であっても、ローンの審査に手間取って話がなかなか進まないとか、2番手の方が高い金額で買う意思があるとかで、1番手よりも2番手の方が条件が良いと判断すれば、売主が1番手より2番手との商談を望む可能性もあります。

こんなときは購入申込書を出すにはまだ早い

先着順だからと言って、ただ書面で出せばいいというわけではありません。

購入申込書は契約前に撤回しても、法的な拘束力はないので、とりあえず物件を抑えてからじっくり検討しようとする方がまれにいらっしゃいます。

たちの悪いことに、購入を急かす不動産屋がそのように誘導するケースがあるので注意してください。

購入をまだ迷っているうちは購入申込書を出してはいけません。

 

まとめ.

購入申込書を出す前に検討することはたくさんあります。

あわてて、購入をすすめてあとで後悔してもいけません。

  • 物件のことをしっかり把握できてるか?
  • 購入する決断ができてるか?
  • 家族の意見は確認できてるか?
  • 住宅ローン審査の予定はできてるか?
  • 土地の場合、建築会社と相談できてるか?
  • 中古建物の場合、リフォームの相談はできてるか??
  • 手付金の準備と契約日は決めれるか?
  • 引渡しのスケジュールを理解してるか?
  • 購入して後悔しないか

ただし、どこかで購入をするかしないのかの決断はしないといけません。

もたもたしている間に、ほかの方に買われて後悔しているお客様も以外におおいのです。

 

しかし、購入を決断をしたのにもかかわらず、2番手になったとしても、購入のチャンスはゼロではありません。

1番手がそのまま契約となることがほとんどかもしれませんが、物件を購入するプロセスの経験値は無駄にはなりませんので、必ず次のよい物件にめぐりあえます。

2番手になったら、なったで仕方ありません。

「もっと良い物件を探しましょう。切り替えましょう。」

私ならそうアドバイスします。

 

焦らずに、慌てずに、しかし、的確に、迅速に、決断しましょう。

 

お問合せ

     

    おすすめの記事