pickup
住宅ローンの返済比率とは

住宅ローンの借入可能額の目安

今日は、住宅ローンの借入可能額の目安返済比率による計算方法についてお話したいと思います。

 

まず、住宅ローンの審査をする金融機関は、住宅購入者の税込年収に対して25~40%の返済比で収まる金額を返済可能額と判断します。

↑ここが大事なポイントです。

 

住宅ローンの借入シュミレーションこの25~40%という返済比率は、金融機関によっても、お客様の年齢や職業や年収などの属性によっても、変わる可能性があります。

例えば、大手企業や公務員の方などは、返済比率が40%とか高めに設定されるケースが多いです。

この返済比率内であれば必ず融資がOKとなるわけではないですが、あくまで目安とお考えください。

 

例えば、年収400万円のAさん、銀行から返済比率35%までOKと判断されたとします

そうすると、Aさんの「借入可能額」は以下のように計算します。

まずは35%の返済比率に収まる、年間返済額を出します。

公式は、(年収) × (返済比率) = (年間返済額) です。

 

Aさんの場合はこうなります。

(年収)400万円 × (返済比率)35% = (年間返済額)140万円 

つまり年間140万円までの返済(月額にすると約11.6万円)が、銀行が判断するAさんの年間返済額の上限ということになります。

 

では、年間返済額140万円(月額11.6万円)というのは、いくらの借入金額になるでしょうか?

 

住宅ローンの借入期間30年、金利2%で年間返済額を計算するとこうなります。

3100万円借りた場合、年間返済額は1,374,984円(月額返済額114,582円)。

3200万円借りた場合、年間返済額は1,419,336円(月額返済額118,278円)。

 

Aさんの年間返済額の上限は140万円でしたね。

そうすると

借入金額が3200万の場合は返済比率オーバーでNGですが、3100万円であれば返済比率内ですからOKとなります。

 

つまりAさんの借入可能額の目安は、3100万円となるわけですね。

 

 

ちなみに、金利が高いほど、また借入期間が短いほど、借入ができる金額は低くなります。

逆に、金利が安い、借入期間が長い場合、借入ができる金額は高くなります。

 

金融機関によっては実際の金利にかかわらず、審査上は4%の金利で返済比率で計算するところもあります。

また、実際の審査においては他のローンやクレジットがあると、その残債や返済月額なども含めて返済比率を計算します。

最終的な住宅ローンの審査の可否においては、返済比率以外にも、お客様の個人信用情報や購入する物件の担保価値等いろいろな要素を総合的に金融機関が判断することとなります。

 

昨今は金融機関によってさまざまな住宅ローン商品があります。物件探しと同時に有利な条件で借りられる金融機関についてもお気軽にご相談ください。

 

おすすめの記事