pickup
マンション売却リフォーム必要か?

マンションを売るためにリフォームやハウスクリーニングは必要か?

春日井のマンション売却

春日井の築年数の古いマンションを売りたいが、リフォームして綺麗にしないと売れないか?という相談がありました。

 

20年以上住んでたので、クロスや床の痛みが激しいし、キッチンやお風呂などもそれなりに経年劣化している。

できればリフォームなどの費用をかけずにそのまま売りたいが、いろいろと手直しが必要な劣化したお部屋の状態で、買い手を探すのはむずかしいでしょうか

 

 

【結論】リフォームせず現状のまま売却できます

結論から言うと

売主がリフォームしなくても、マンションを売却することができます。

 

むしろ、一般の個人の方が、マンションを売る場合、リフォームせずに、現状のままで売却するケースが一般的です。

売主がまだ居住しながら販売しているマンションもたくさんありますし、空き家の状態でも現状渡しの条件で売買をしますが、その場合、買い手は、マンション購入後、必要に応じて自分の好きなようにリフォームして、住むことになります。

 

しかし、綺麗なお部屋の方が買い手は見つかりやすい

リフォーム物件

買い手は、実際にお部屋を見学してから、購入するかどうかを決めますので、綺麗なお部屋の方が印象もよく売りやすいのは確かです。

なので、売主がリフォームしてお部屋をきれいにして売却するケースもあります。

 

お部屋の劣化状況は様々なので、ハウスクリーニングだけ、あるいはクロスの張替えだけですむ場合もあればお風呂やキッチン設備もすべて交換する場合もあります。

 

売主の立場でリフォームを考える

マンション売却リフォーム必要?汚いお部屋より綺麗なお部屋の方が売りやすいのは間違いありません。

なので、売主がリフォームして売却するのは結構なことなのですが、重要なポイントは費用対効果があるのかどうか。

 

注意点としては、リフォームした分

高く売れるわけではないということ。

 

綺麗なお部屋の方が価格査定も高くはなりがちですが、リフォームでお金をかけた分、高く売れるかどうかは、わからないというのが現実です。

 

ちなみに、不動産業者や買取業者が売主の場合は、買い手がすぐ住める状態にリフォームしてから販売するケースが多いですが、価格はかなり高めです。しかし、この場合は、転売を目的とした事業なので、仕入れ価格やリフォーム費用、利益をきちんと計算して販売価格を決めています。

 

買主の立場で言えば、リフォームして綺麗なお部屋の方が、価格が高くても、好まれる方もいらっしゃいますし、逆に、古いお部屋で現状渡しでも、安く買って自分の好きなようにリフォームしたいという人もいます。

 

つまり、リフォームしてもしなくても、売却価格に差はでるかもしれませんが、どちらでも買い手は見つかるということです。

まとめ.リフォームした方がいいケース、しなくてもいいケース

売主がリフォームして買主からめちゃくちゃ喜ばれても、リフォームせずに現状のまま売却しても、売却手取りは大して変わらないか、下手するとリフォームした方が手取りが少ないとういうケースも有りえるのが、判断のむずかしいところです。

いまのところ、春日井のマンションであれば、特別な事情やトラブルなどの問題がなければ、価格はさておき買い手は必ず見つかります。

売主としては、少しでも高く売りたい、手取りを多くしたいわけですから、リフォームするにしても費用対効果が最大になるように考えなければいけません。

売主がリフォームしてから売った方がいいと思うケースは、個人的にはあまりないのですが、その理由はリフォームでかけた費用分、高く売ることが期待できないからです。

逆に言えば、相当な汚い部屋で現状のままだと売るに売れない。きとんと見栄えをよくすれば相場で売れると判断すれば、最低限のリフォームやハウスクリーニングはする価値はあるでしょう。

実際は、部屋の状況や売主の事情によってアドバイスは変わってきますが、多くの場合は、リフォームはせずとも、売却は可能です。

もちろん綺麗なお部屋の方が売りやすいので、お金をかけなくても掃除や整頓などできることをすればいいですし、お金をかけるにしても、ちゃんと費用対効果を考えて、リフォームやクリーニングを検討しましょう。

 

 

 

お問合せ

 

おすすめの記事