pickup
春日井の不動産売却

 

前回の話はこちらをご覧ください。

よし、あなたに専任で任せた!高く売ってね。~マンション売却編~

春日井の不動産売却査定インターネット一括査定で、我が家(築20年、4LDK、中古マンション)は4社から査定価格の提示を受けました。

  • 大手A社 1,380万~1,940万くらい
  • 大手B社 1,550万~1,850万くらい
  • 大手C社 1,650万~1,850万くらい
  • 中小D社 1,550万~1,750万くらい

僕自身の相場観としては、1700万くらいかなとは思っていたので、4社の査定価格については納得がいきました。

では、どの不動産屋さんに売却をお願いすればいいのか?

一番高い査定価格を出してくれたのは、A社。1940万。

A社に頼めば、一番高く売ってくれるのか???

いや待てよ。

最低価格もA社じゃないか。1380万。

同業者として気持ちはわかるが、いくらなんでも幅をみすぎだろう。

僕がマンション売却を専任でC社に依頼した理由

売却をどこの会社に頼むのか。

検討した結果、C社に専任で売却依頼することにしました。

 

正確には、C社にというよりは、担当のOさんにまかせるつもりでお願いしました。

 

なぜか?

それは、その4社の中で一番高く売ってくれそうとかいうよりも、Oさんの人柄が良い印象でなんとなく相性がいいと思ったからです。

 

なんとなく相性がいいと思ったから・・・

 

理由になってないかもしれませんが、この人なら大丈夫だというわたくしの直感です。

 

これは僕の持論ですが、不動産仲介の場合、売主の希望通り、もしくは、納得がいく売却ができるかどうかは、会社じゃなく、担当者の力量、人間力で決まると思います。

 

会社が有名とか、立派とか、知名度があるとか、正直あまり関係ありません。

 

なぜなら、買い手は会社で物件を選ぶわけではないからです。

いくらその会社に好感を持っていても、欲しい物件がないなら、どうしようもありません。

でも、お客さんが信頼している担当者がいるなら、できればその人から買えるなら買いたいと思うのもお客さんの心理でもあります。

 

なので、会社ではなく、信頼関係が築ける担当者と出会えるかどうか、ということが、不動産売買の成功のために一番大事な要素ではいかと思っています。

あなたにすべてまかせる。高く売ってね。

正直なところ、私自身、売主として、少しでも高く売りたい気持ちはありますから、高く売ってくれそうな、つまり、単純に仕事ができる営業マンという要素もOさんに感じています。

ただし、価格については、どこに頼んだとしても、最低でもこれくらいで売れるだろう。

売れる価格の落としどころには自分なりの自信がありました。

だから、Oさんの人柄なら、まず間違いなく良いお客さんの縁をつなげてくれる。安心してまかせられる。

そう思いました。

 

一般媒介でもう1,2社にも依頼するという選択肢も当然ありましたが、今回はもうOさんに全部まかせますと。

当然、手数料もまけろなんて言わず全額払いますと。

僕が業者だからと面倒なこともいいません。好きにやってください。

あなたにすべてまかせる。高く売ってね!(^^)!

ということで、C社というよりOさんを信頼してお願いしたわけです。

専任媒介と一般媒介のどちらがいいのか?という質問の答え

よく、専任で1社に依頼するのと一般で複数社に依頼するのとどちらが良いかという質問がありますが、二者択一の答えはなくて、まともな会社(とうか担当者)に頼むならどちらでも良いと思います。

ついでに言えば、大手だから良いとか、地元業者だから良いとか、そういうことでもありません。

 

不動産売却で一番大事なのは誰に頼むか?

これしかありません。

経験が豊富で、アドバイスが的確で、融通が利いて、顔が利いて、人柄が良くて、お客さんの目的を理解して動ける業者(担当者)です。

 

実際には、仕事を依頼をしてから見当違いがわかることもあるでしょう。

その場合、もし途中で業者や担当者への信頼がなくなってのであれば、媒介契約を打ち切ってもいいし、3カ月待って媒介契約の更新をせずに、別の業者へ依頼しなおせばいいのです。

よし、売出価格は1850万でいこう!

ということで

私の場合、C社(というよりは担当者のOさん)に専任で我が家のマンションの売却依頼をしました。

そして、売り出し価格は1850万。

相場よりも高めでしたが、時間に余裕もあったので、それでまずはやってみましょうと。

このような経緯でマンションの売却活動を開始したのです。

 

第4話に続く。

 

 

お問合わせ

おすすめの記事