【マンション水漏れトラブル】床下配管の水漏れの対処と責任について

中古マンションの水漏れ 床下配管の亀裂が原因、責任は誰にある?

分譲マンションの水漏れの対応について

お客様のマンション(築45年超)で水漏れがありました。住んでいるお部屋の下の階の方から「天井から水が漏れてる」と連絡が入ったようです。

ある日突然、天井から水が漏れてきたとクレームが・・・

慌てた様子のお客様から私に連絡入り、すぐに水道設備業者さんを手配して、早速現場に向かいます。下の階の方もお呼びして、水漏れしてる箇所のあたりをみてみます。ところが、お客様の部屋のキッチンもお風呂もトイレも水が漏れてるような箇所はありません。

むむ?いったいどこから漏れてるの?洗濯ホースが外れてたとか、排水口にものををつまらせたとか、個人の不注意で水をあふれさすのはよくあるけど、今回は見た限り原因がわからない。念のため、お客様の部屋の両隣の方にも確認した。やはり水漏れの気配はない。

でも、確かに下の階の天井からは水が漏れている。そうこうしてるうちに、水道設備業者さん到着。さすがプロ。床下めくって一発で原因究明。原因は、床下のキッチンの排水管の亀裂でした。

 

配管から水漏れ

 

床めくったら、床下は水浸しでしたが、お客様としては、不注意でもなく、普通に日常の生活をおくってだけ。そしたら、ある日突然、床下配管のつなぎ目が経年劣化で亀裂していたという。本人はなにも悪くないけど水漏れが起こってしまった。

水漏れの責任は誰が負うのか?

水の出しっぱなしやホースの外れなど個人の不注意によるものは別として、設備配管そのものに水漏れの原因があった場合、マンション全体の共有の配管ならば管理組合が、お部屋の専有部分の配管ならば所有者が水漏れの責任を負うことになります。

責任を負うとは、修理費用や損害賠償はだれが払うのかということ。今回は、残念なことに、床下とはいえ、専有部分の配管であったため、お客様の個人負担で水漏れ被害の修復することとなりました。

このマンション全体で個人賠償対応の保険は入ってなかったのですが、お客様が個人賠償保険に入っていたのでそれで対応できたようです。もし、お客様が保険に入ってなかったらと思うとゾッとしますね。

誰にでも起こりえるトラブル。必ず賠償保険に加入を。

水漏れの原因となる箇所は、天井裏と床下の目に見えない部分なので、素人ではなかなか判断がむずかしい。なるべく早く水道設備業者さんに調査してもらうのが一番。

今回の件も、原因が特定できるまでは、お客様も、他の住民の方も、管理組合の理事長も不安だったと思います。このお客様は運が悪かったとしか言いようがないですが、これは誰にも起こりえることです。

他人ごとではありません。水漏れが起こるたびに、個人負担か組合負担かでぎくしゃくするより、できるならマンションの管理組合として個人賠償にも対応できる保険に加入しておくべきです。

水漏れが起こって、対処に困ったら、速やかに管理会社に連絡をしましょう。

こちらもCHECK

あわせて読みたい
【アパートを売りたい】古いアパートを相続したが修繕費や税金が高い 【相続した築40年のアパートを売却したい】 春日井でも街を歩いてると古いアパートをみかけます。昭和40年~50年代によく建てられた木造2階建で戸数が4戸~8戸...

 

春日井の土地戸建マンションの売却は春日井シティ不動産へおまかせ

いますぐ春日井の不動産売却の無料査定を依頼される方はこちら

 

春日井で土地売る、土地貸す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

春日井シティ不動産代表。おひつじ座。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産だけでなく、母校や商店会やPTAや神輿会など、春日井の暮らしで築いたご縁やつながり。お客様のお困りごとは年中無休でいつでも対応。趣味はラグビー。