pickup

分譲マンションの水漏れの対応について

ある日突然、天井から水が漏れてきた

春日井のマンションの水漏れお客様のマンション(築40年)で水漏れがありました。

下の階の方から、天井から水が漏れてるとの連絡を受けて、早速チェックに。

 

ところが、お客様の部屋のキッチンもお風呂もトイレも水が漏れてるような箇所はない。

 

むむ?いったいどこから漏れてるの?

 

洗濯ホースが外れてたとか

排水口にものををつまらせたとか

個人の不注意で水をあふれさすのはよくあるけど、今回は見た限り原因がわからない。

 

念のため、お客様の部屋の両隣の方にも確認した。水漏れの気配はない。

 

でも、確かに下の階の天井からは水が漏れている。

 

そうこうしてるうちに、水道設備業者さん到着。

さすがプロ。

床下めくって一発で原因究明。

原因は、床下のキッチンの排水管に亀裂。

 

床めくったら、床下は水浸しでした。

 

お客様としては、不注意でもなく、普通に日常の生活をおくってだけ。そしたら、ある日突然、床下配管のつなぎ目が経年劣化で亀裂した。

そして水漏れが起こったのです。

いったい誰が悪いのか?誰が責任を負うのか?

分譲マンションの水漏れの場合、個人の不注意によるものは別として

配管そのものに水漏れの原因があった場合

マンション全体の共有の配管ならば管理組合

お部屋の専有部分の配管ならば所有者が

水漏れの責任を負うことになります。

今回は、残念なことに、床下とはいえ、専有部分の配管であったため、お客様の個人負担で水漏れ被害の修復することとなりました。

このマンション全体で個人賠償対応の保険は入ってなかったのですが、お客様が個人賠償保険に入っていたのでそれで対応できたようです。

もし、お客様が保険に入ってなかったらと思うとゾッとしますね。

マンション管理組合で考えるべき問題

築40年の古いマンション。さすがに、設備も劣化しててあたりまえです。

目に見えない部分の話です。水漏れの原因がわかるまでは、お客様も、他の住民の方も、管理組合の理事長も不安だったと思います。

お客様は運が悪かったとしか言いようがないですが、誰にも起こりえること。決して他人ごとではありません。

 

管理組合=所有者(居住者)です。

住みよい暮らしの為に、マンションの住民がお互いが協力関係にあればあるほど、マンション全体の資産価値にも良い影響があります。

水漏れが起こるたびに、個人負担か組合負担かでぎくしゃくするより、できるならマンションの管理組合として個人賠償にも対応できる保険に加入しておくべきです。

水漏れが起こったら、速やかに管理会社に連絡を。

おすすめの記事