pickup
マイホームを売る

マイホームは住みながら売却をする事が可能です。

マイホーム購入マイホームを売却するときに、新居に引越ししてから、空き家にしないと売れない?と思っている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。

一戸建やマンションで、売主が住みながら販売している物件はたくさんあります。

マイホームの場合は、むしろ住みながら売却するのが普通です。

その場合、いま売主が住んでいることを買い手に知らせるために、広告の現況という項目に、売主居住中と表示します。

もし、お部屋の見学を希望されるお客様がいる場合は、住んでいる状態のお部屋を見てもらうことになります。

内覧時には、売主様の立ち合いが必要です。

日程を調整したいただいたり、お客様に良い印象を与えるために、お部屋の掃除や整理整頓をしていただくこともあるかと思います。

そういう意味での手間はかかってしまいますが、マイホームを住みながら売却というのはごく普通に行われています。

明け渡しの期限について。いつまで住めるか?いつ退去するのか?

では、いつまで住んでていいでしょうか?

もちろん、まだ買い手が決まってない状態でも、新居に引越しできるなら、空き家の状態で売ってもいい。

いつ空き家の状態にしていただいても構いません。

明け渡しの期限としては、買い手が決まり、売買契約を締結、最終的には、残金決済・引渡日までです。

それまでに、空き家になっていればいいでしょう。

売買契約を締結するときには

例えば、契約してから●ヵ月後までに引渡す、令和●●年●月末までに引渡す。

とか、売り手と買い手の都合に合わせて、引き渡し期限を決めてしまいます。

なので、その期限にあわせて引渡しの計画すればよいです。

お客様の事情や意向にあわせて、販売計画や売却スケジュールを調整できますよ。

お気軽に不動産屋さんにご相談してみてください。

まとめ.買い手は空き家の方が見学しやすいが居住中でも売れます

実は、買い手の立場で言うと、居住中の物件を見るのは、売主様に気を使うので、空き家の物件の方が見学のハードルは低いです。

買い手も物件を見ないことには、検討できないので、売主としても見学がないことには話が進みません。

それでも居住中の物件を見学してみたいという方は、冷やかしではなく真剣に検討してくれる可能性は高いです。

あとは、やはり可能であれば、少しでも買い手に良い印象を与えられる状態の方がいいです。

汚いお部屋より奇麗にされているお部屋の方がイメージがいいので、そういう点は意識しておいてもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、居住中でも空き家でも売却はできますので、安心していただければと思います。

 

 

お問合せ

おすすめの記事