pickup
周囲に内緒でマイホーム売却

近所や親戚に内緒で売却することは可能か

不動産を売りたいというケースでは、買いたいという状況に比べて、経済的な事情だったり、過程の事情だったり、売却理由がシリアスなケースも多く、なるべく周りに知られずに売却したいという相談も珍しくはありません。

結論としては、実務としては周りに知られずに売却するというのは可能ですが、いろいろクリアしないといけない問題があります。

一般的に、不動産を売却する場合、わたしたち不動産屋は買い手を探すために広告をします。

新聞折り込みだったり、インターネットに掲載したり、買い手の目に留まるような広告をして周知活動をするのです。

 

広告をせずに買い手を探すことはできるのか

買い手を探すために、少しでも高く売るために、広告活動はとても重要な活動です。

でも、広告をすれば、売り物件として知られる可能性は高くなります。

広告に住所地番までは載せないにしても、物件の特徴や写真など載せると、インターネットである程度物件の特定はできてしまう時代です。

なので

周囲に知られるリスクを考えれば、広告はNG!!

ということになります。

では

広告せずにどうやって買手を探すか?

これはもう不動産屋のネットワークを頼りに買い手を探すことになります。

土地であれば、すでにお付き合いのあるお客様や不動産業者や住宅メーカーや取引業者などに紹介したりします。

買い手のニーズがあると判断した土地であれば、価格や時間的な考慮は必要ですが、買い手をみつけることは可能です。

不動産の買取も検討の余地あり

急ぎで、内密に、売却したい。

そんな場合は、業者に不動産を買取ってもらうという選択があります。

土地の場合は建売業者や分譲業者が主ですが、戸建やマンションなどは専門の買取業者がいて、転売を目的として購入しています。

土地を仕入れる建売業者は、一般相場に近い価格で購入することも多いですが、戸建マンションの買取価格に関してはざっくり相場の5~7掛け(物件によります)位のイメージでしょうか。

価格は安くなってしまいますが、急ぎで周りにも知られず売却が可能ですので、いち早く面倒なことから解放されたいという場合は、検討の余地はあると思います。

 

最終的には、なんのために売却するのか?目的がどこにあるのか?によって、最適な選択肢が変わってきます。

価格優先か、スピード重視か、目先の損得か、将来的な安心か、問題の軽減か。

周囲に知られずに売却するということも可能ですが、よくよく冷静に考えてみると、内緒で売却することそれ以上に優先するべき売却の目的があるケースもございます。

不動産を売却するというのは、いろいろと検討することも多く、決断するのに勇気のいることですが、後悔のない選択をしていただきたいと思います。

おすすめの記事