売却

【家や土地を内緒で売りたい】近所や親戚に知られることなく不動産売却できるか

近所や親せきに内緒で不動産を売りたい

前向きな理由が多いマイホーム購入に比べると不動産を売却する理由というのは経済的な問題や家族間の問題に起因することも多く、売主によってはなるべく周りに知られずに売却したいと思われる方もいらっしゃいます。実際に春日井の実家を売却したいが親戚や近所の目が気になる。できたら内緒で売りたいが可能か?というご相談をいただきましたので、今回は「周りに知られずに不動産を売却できるか」について説明します。

近所や親戚に内緒で売却することは可能か

先に結論をいいますと、内緒で売却することは可能です。ただし、誰にも知られずに売却を成功するための注意点があります。売主にとってのデメリットにもなることですのでよく内容を理解していただきたいと思います。

内緒で売却するなら広告はできない

より多くの人に周知するために宣伝広告をするのが普通

土地売却一般的には不動産を売却する場合、買い手を探すために、インターネットや新聞折込や情報誌に売物件の広告を出します。広告の時点では特定できる詳細住所は載せませんが、外観写真などは載せますし、空き地や空き家の場合は現地に看板を建てたりして、とにかく出来るかぎりの買い手の目につくような販売活動を行います。人によっては簡単情報でも物件の特定をしてしまいますし、近所の人から○○さんの土地や家が売りに出てると知られてしまってもなんらおかしくありません。

宣伝広告や現地案内などすれば周囲に知られることになる

完全に周りの人に知られずに売却しようと思うなら、上記のような宣伝広告は一切できないということになります。売主によっては、現地看板はダメだけど店頭で紹介するだけならいいとか、インターネット広告もポータルサイトはダメだけど会社のホームページだけならのせてもいいとか、内緒にしたい度合いにが違う場合もあります。まったく誰にも知られたくない売主は宣伝広告一切なし。あまり派手にしてほしくないけどバレたらバレたで仕方ないと割り切れる売主ならば広告を使い分けることになります。

宣伝広告せずに買い手を探せるのか?

では広告せずにどうやって買手を探すか?というと、これは不動産屋のネットワークを頼りに買い手を探すことになります。すでに物件紹介を頼まれているお客様に直接紹介したり、同業の不動産業者や住宅メーカーのお客様に紹介してくれるように頼んだり、建売業者に分譲用地として買取してくれるように頼んだり、買い手を探す方法はないわけじゃありません。

条件の良い物件は宣伝広告なしでも普通に売れます

場所がいいとか地形がいいとか価格が安いだとか条件の良い物件であればあるほど宣伝広告をしなくても買い手を見つける可能性は高くなります。実際に私も宣伝広告することなく売買取引を成立させることは普通によくあります。

人気エリアじゃない物件の場合は宣伝広告なしのデメリットもある

条件の良い物件ならば、宣伝広告なしでも買い手を探すのは難しくないのですが、いわゆる人気物件じゃない場合は、宣伝広告をしないデメリットがあります。

  • 買い手が見つかるまでに時間がかかる場合がある。
  • 相場より安くなってしまう可能性がある。
  • 買い手が見つからない可能性がある。

一般的に売主の根源的な要望として少しでも高く売りたいというのがあります。よい条件で買ってくれそうな買い手をより早く探すために広く宣伝広告をしたいのです。高く売りたいけど内緒で売りたい。早く売りたいけど宣伝広告はできない。というのは矛盾した要望です。なので、人気物件じゃない場合は、宣伝広告なしで買い手を探すというのは上記のようなデメリットの可能性があるのは知っておいてください。

宣伝広告なしでもバレルときはバレル

宣伝広告をしなければその土地や家を売っているという情報の露出はなくなります。不特定多数に知られる可能性がかなり低くなるのは間違いありません。ただし、絶対に完全に内緒に出来るかといわれると約束はできません。物件を紹介した最初の1人で取引が成立すれば問題ないですが、買う人が見つかるまでは、購入を検討する人には物件情報として伝えることになるので、情報が洩れる可能性はゼロにはできません。

まとめ.内緒で売却する一番確実な方法は業者買取だが価格は安くなる

急ぎで、内密に、売却したい。そんな場合は、業者に不動産を買取ってもらうという選択があります。土地の場合は建売業者や分譲業者が主ですが、戸建やマンションなどは専門の買取業者がいて、転売を目的として購入しています。土地を仕入れる建売業者は、一般相場に近い価格で購入することも多いですが、戸建マンションの買取価格に関してはざっくり相場の5~7掛け(物件によります)位のイメージでしょうか。価格は安くなってしまいますが、急ぎで周りにも知られず売却が可能ですので、いち早く面倒なことから解放されたいという場合は、検討の余地はあると思います。

果たして本当に内緒に売却しなきゃダメなのか?

最終的には、なんのために売却するのか?目的がどこにあるのか?によって、最適な選択肢が変わってきます。価格優先か、スピード重視か、目先の損得か、将来的な安心か、問題の軽減か。周囲に知られずに売却するということも可能ですが、よくよく冷静に考えてみると、内緒で売却することそれ以上に優先するべき売却の目的があるケースもございます。不動産を売却するというのは、いろいろと検討することも多く、決断するのに勇気のいることですが、後悔のない選択をしていただきたいと思います。

  • この記事を書いた人

代表 山本直嗣

春日井シティ不動産株式会社代表。昭和48年生まれ。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、心屋認定リセットカウンセラー。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産売買や管理だけでなく、地域の商店会やPTAや神輿会など地元の縁やつながり。春日井の不動産と暮らしと人の魅力をブログで発信。お困りごとは24時間365日対応します。趣味はラグビーとキャンプと四柱推命。

-売却
-, ,