pickup
物件探し

不動産屋と売物件情報について

「家を買いたい。」「土地を探そう。」と物件探しをする場合、お客様はインターネットで探し始めるのと同時に、不動産屋にも直接出向いて物件を紹介してもらおうとします。

何社も回られる方もいらっしゃると思いますが、途中であることに気づきます。「あれっ?どこ行ってもインターネットで見た物件とか、他の会社と同じ物件ばかり紹介されるな」と。

さて、不動産屋さんによって取り扱う物件情報に違いはないのでしょうか?この記事では不動産屋の物件情報についてわかりやすく説明してみたいと思います。

なぜ、不動産屋はほかの会社と同じ物件を紹介してしまうのか?

全国の不動産業者は、「レインズ(REINS)」と呼ばれる国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムによって物件情報の流通をしています。

売主から売却依頼を受けた不動産会社は、その物件情報をレインズに登録し、他社にも公開することになっています。また、買主より物件探しの依頼を受けた不動産会社は、お客様のご希望条件に合わせてレインズから物件情報を探すのです。

春日井の物件情報をレインズで探す

不動産業者専用のレインズ

 

つまり、このレインズの共有の物件データベースにより、不動産業界全体が連携して買いたい方や借りたい方に物件をご紹介する仕組みになっているのです。

大手業者であろうと、小さな街の不動産屋であろうと、取り扱っている物件情報は同じなので、お客様はどこの不動産屋にいっても、同じ物件を紹介されるわけなのです。

 

不動産屋独自の物件情報はないのか?

未公開独自情報はあるのか?では、不動産業者による物件情報の違いはまったくないのか?

と言われると、まったくないわけでもないのです。

 

同じ物件しか紹介されないなら、何社も回るのも意味がないことになってしまいますものね。

では、どういうときに、その不動産屋独自の物件情報が出てくるでしょうか?

 

考えられるのは、次のようなケースです。

 

1.業者がレインズに登録してない物件。

原則として不動産業者は売却依頼を受けた物件はレインズに登録義務があります。それは全不動産業者で情報共有した方が、買い手が速やかに見つかる可能性が高いからです。でも一般媒介の場合は、レインズ登録の義務はないので(まともな業者は一般媒介でも登録します)あえて登録しない物件も中にはあるということです。

2.売却依頼を受けたばかりでレインズに登録する前の物件。

売却依頼を受けたばかりで、たまたまレインズ登録前の物件というのもあります。このタイミングでは、依頼元の不動産屋しかその情報を知る由もありません。なので、運がよければ、広く公開される前の最新情報を、不動産屋から一番乗りで教えてもらえる可能性があります。

3.売主より内密に売却を依頼されてる物件。

売主の事情は様々なので、中には周りになるべく知られずに、不動産屋に売却依頼をされる方もいらっしゃいます。不動産屋の都合で情報公開しないのは許されませんが、売主の希望で、その不動産屋しか知らない物件情報というのもないわけではないのです。

マイホーム購入

この3つのケースは、どこの不動産屋でも扱っている物件ではない、つまり、独自の物件情報といえるかもしれません。

ただし、独自情報というのは、それほどたくさんあるわけではありませんし、好条件の物件かどうかはまた別の話ですので、あまり過剰な期待はしないほうがいいでしょう。

有名大手業者と中堅零細不動産屋の差はあるか。物件情報に違いをもたらすものは?

お客様からすると、大手の方が物件情報がありそうだ。という風に思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、有名な大手の方が、売主より直接依頼されている物件は多いのです。

でも、たくさん物件を紹介してくれるかどうかは別なんです。

仮にたくさん紹介してくれても見当違いな物件ばかりなら意味がない。

 

事実としては、実際に取扱いできる物件の数というのは、大手でも中堅でも家族経営の零細不動産屋も変わりません。

大手の物件を小さな不動産屋が紹介することもできますし、もちろんその逆もあります。

 

でも、お客様の購入希望に合わせて、どれだけたくさんの物件を紹介してくれるかどうかは、会社の大きさではわからないのです。

 

レインズとは?

レインズはこんな感じで物件を検索できます

 

ちなみに、現時点のレインズに春日井の売地で登録されているのは300件以上あるんですが、不動産屋の営業担当者は、まずはこのレインズの登録物件の中から、お客様の希望に合いそうな物件をピックアップして紹介します。

その担当者の判断で物件を探すわけですから、ここで、できる営業とできない営業の差が出ます。

お客様の要望や意向を組んだ提案ができる物件紹介。

見当違いにただただ情報を出すだけの物件紹介。

この差は大きいです。

中には、自社が依頼を受けてる物件だけとか、要は自分が売りたい物件しか紹介しない営業もいたりします。

 

最終的に、お客様としては、満足できる良い物件を買えればいいわけですけど、有名大手や中小零細、会社の違いもあるけど、営業担当者の差が一番大きいということです。

 

いったいどうやったら優秀な営業担当に依頼できるのか?

これはもう、複数の不動産業者さんを比較して、熱心にいい物件紹介してくれそうな信頼できるプロを探すしかない。

途中で対応が悪いと思えば、業者さんを変えてしまうくらいの感覚で探しちゃえばいい思います。

まとめ.物件探しあるある

  • どこの不動産屋にいっても同じ物件ばかり紹介されることは珍しくない。
  • 不動産屋はレインズという全国共通の物件データベースを利用している。
  • 不動産屋独自の情報もないわけじゃない。
  • 独自情報でも良い物件かどうかは別。
  • レインズに登録されている春日井の売地情報は常時300件以上ある。
  • 大手だからたくさん紹介してくれるわけじゃない。
  • 自分の売りたい物件しか紹介しない担当者もいる。
  • 熱心にたくさん紹介してくれる営業マンを探すつもりで業者を比較していい。

 

 

お問合せ

     

    おすすめの記事