pickup
所有から活用へ

令和、これからの不動産とのつきあい方

数字で見る少子高齢化

厚生労働省の国の人口動態データというのがあります。

平成28年は、出生者数が約97万人に対して、死亡者数は約130万人、人口が33万人少なくなったそうです。

平成29年は、さらに出生者数は約94万人で約3万人少なくなり、死亡者数は約134万人で約4万人増えて、人口は約40万人少なくなりました。

この少子高齢化の流れは今後も続くので、出生者は減り、死亡者は増えていく。良い悪いではなくそういう時代です。

春日井市の人口予測データをどう見るか

とうぜん春日井市でも同様の流れで、平成29年の約31万人が人口のピークです。

約30年後の人口見込みとしては約12%ほど減少して約26.8万人となる予測もあります。

土地へ減らないが、人は減っていく時代。

そんな時代の不動産との賢いつきあい方を学ぶ必要がありそうです。

タダでもいらない土地が増えている

いくら少子高齢化になったとはいえ、不動産の価値がすぐにはなくならないでしょう。

でもその価値は固定的に保証されたものではなく、相対的なので価値が上がったり下がったりします。

要するに、その土地を欲しいと思う人が多いのか少ないのかによって、価値が変わるわけです。

人里離れた不便な場所だったり、住むのに劣悪な環境の土地ならば、極端に言えば、タダでもいらない土地になる可能性もありますし、現実的に売りたくても売れない土地というのは田舎になればなるほど増えているのです。

その一方で、都心の一等地などは人気が集中してる土地というのも存在します。住みやすい、生活に便利、街並みがいい、活気があるとか、価値が上がってる土地もたくさんあるのです。

でもそれは、たまたま持ってる場所が良いか悪いかに左右されてるわけで、土地そのものの価値を自分でコントロールできるものでもないと僕は思います。

ただ持っているだけでは、たまたまの運で「二極化」の波にのまれていくだけでしょう。

二極化時代の「資産としての不動産」との賢いつきあい方

最近は相続などをきっかけに、どうしたら一番いい形で不動産の活用できるかを真剣に考える方が増えてきています。

私自身も20年前に父が亡くなり相続を経験しています。

当時は知識も経験もなく母と税理士さんに言われるがまま相続をすませましたが、いま思えば税金面でも収益面でももっと効果的な不動産活用ができたと後悔してます。

 

「家を守る、土地を守る」

先祖代々の土地は守るべき。これも大切な価値観だと思います。

でも、時代は変わっています。自分の生き方に釣り合わない不動産を手放そうとする人が増えています。

 

旧来の所有の価値観も素晴らしい。でも、家や土地にあわせた生き方ではなく自分や子どもの幸せな生き方にあわせて不動産とつきあうこれからの価値観もありじゃないか。

 

所有してもいい、売ってもいい、貸してもいい、選択肢はいろいろあります。

 

 

おすすめの記事