pickup

step3 査定のための物件調査

お客様より査定の依頼を受けると、物件調査が行います。

正確な査定価格を算出するためには、地味ですがとても重要な作業となります。

現地調査以外にも、複雑な権利関係、法令上の制限や地域特性等、安全な取引のために欠かせない調査です。

こんなことを調べます

1.現地調査

土地建物の現況、近隣環境の確認、給排水施設、電気・ガスの施設、
境界・越境物の有無、土地建物の利用状況ほか

2.法務局調査

登記簿記載事項、隣接所有者、公図・測量図・建物図面ほか

3.役所調査

都市計画法・建築基準法の制限、道路管理関係、上下水ガス埋設管状況、
その他の法令制限ほか

4.売買事例調査(特に重要)

過去の近隣の成約事例や現在の近隣の販売事例の収集

5.市場性・流通性の調査(特に重要)

現在の不動産市場における買手の動向など

6.その他

上記の調査だけではわからないこと、所有者にしかわからない情報があります。

不動産の一番の理解者は売主様(所有者様)です。

長年にわたって愛着されたポイントなどまずはじっくりとお聞かせ下さい。

こんなところがよかった、よくなかったという、売主ならではの視点や情報は買主様にとても喜ばれます。

 

おすすめの記事