春日井の土地売却

step5 専属、専任、一般のどれかで媒介契約を締結する

売主は不動産業者から価格査定や売却条件の提示をうけ売却を決定すると、不動産業者に売却活動の依頼をすることになります。このときに不動産業者と「媒介契約」を締結します。通常は、買取以外はこの時点ではまだ買い手は決まっておらず、この媒介契約を締結後に不動産業者は売主と決めた販売価格で買い手を探す広告活動をしていきます。「媒介契約」は、宅建業法第34条の2に定められている「3つの契約形態」があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つです。以下に違いを説明しております。いずれも契約期間の上限は3ヶ月です。その期間で買い手が見つからず売却できなかった場合は、売主様からのお申し出により媒介契約を更新する事ができます。

1.専属専任媒介契約(せんぞくせんにんばいかいけいやく)

お客様は、依頼した不動産業者以外の不動産業者に、重ねて不動産売買の媒介を依頼する事ができません。又、依頼した不動産業者が探索した相手以外の者(自ら発見した相手も含む)と、売買の契約を締結する事ができません。依頼を受けた不動産業者は、売物件情報を指定流通機構(レインズ)に5営業日以内に登録し、1週間に1度以上販売状況を報告します。

2.専任媒介契約(せんにんばいかいけいやく)

お客様は、依頼した不動産業者以外の不動産業者に、重ねて不動産売買の媒介を依頼する事ができません。依頼を受けた不動産業者は、売物件情報を指定流通機構(レインズ)に7営業日以内に登録し、2週間に1度以上販売状況を報告します。

3.一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

お客様は、複数の不動産業者に重ねて依頼する事ができます。他の不動産業者の名称と所在地を依頼した不動産業者に通知する義務がある「明示型」と、通知しなくてよい「非明示型」の2種類があります。依頼を受けた不動産業者には、売物件情報の指定流通機構(レインズ)への登録義務と依頼者に対する活動の報告義務はありません。

専属か?専任か?一般か?売主はどの媒介を選べばいいか?

業者の立場をぶっちゃけます。自社だけに依頼してほしいのが本音です。つまり専任か専属で依頼してほしい。なぜか?一般媒介だと他社との競争となるシステムなので、自社を通じて買手を見つけなければ報酬はゼロです。でも専任か専属の場合は、必ず売主の仲介業者として売買契約を仲介することになるので、報酬がゼロになる心配はないからです。良いか悪いかは別としてそういうシステムになっています。では、売主様からするとどの形態がいいのでしょうか。よく専任はダメで一般の方がいいという意見を聞きますが、結論をいえば、媒介の形態に関してはどれでもいいと思います。大事なのは業者(営業マン)の実力です。実力があって信頼できる業者なら専任や専属でもまったく問題有りません。囲い込み問題などもないことはないですが、売主にとっては大事なことは少しでも高く早く安全に売却することです。もちろん一般でも大丈夫ですが、専任だから売主が損をするとか、一般だから高く売れるというわけではありません。重要なのは、媒介の形態じゃなく、業者が信頼できるかどうかです。

私が売主の立場ならこうします。答えは明確です。信頼できる不動産屋がいればそこに専任でまかせます。それで大丈夫です。全く不動産屋の知り合いがいないのであれば、無料査定で3~5社に話を聞いてその中から2~3社に一般で依頼します。会社の規模に関係なく、営業マンの人柄と経験と実力がすべてです。

春日井の土地売買

かんたん1分査定を申し込む

お急ぎの方は、春日井シティ不動産0568-87-3921までお電話ください。

    おすすめの記事