pickup

step9 物件引渡と残金決済

通常、買主様が住宅ローンを利用される金融機関にて、売主様、買主様、司法書士、不動産会社などの関係者全員の立会いの下で手続きを行います。原則として銀行・法務局が営業している平日に行われます。

登記手続きに必要な書類等を司法書士が確認したうえで買主様より売買代金の残金をお受け取り頂きます。同時に買主への所有権移転登記手続きをし、不動産売買のお取引は完了となります。

概ね以下のような手順でお引渡しが進みます。

決済当日の流れ

1.決済場所に売主・買主・司法書士・不動産業者等の関係者が集合

決済場所は通常は買主が指定する金融機関となります。

2.登記に必要な書類の確認

所有権移転登記の申請に必要な書類が揃っているか、司法書士が確認します。
住宅ローンが残っている場合は抵当権抹消に必要な書類も確認します。

3.買主より残代金の受領

買主様から売主様に残代金が支払われます。通常は銀行振込により残代金を授受します。

4.鍵や関係書類の引渡

一戸建やマンションの場合、売主様は買主様へ物件の鍵を引渡します。管理規約、パンフレット、建物付帯設備の取扱説明書などがある場合は一緒にお渡し致します。

5.固定資産税や管理費等の精算

固定資産税や管理費など負担金の清算をします。引渡し前日までは売主様の負担、当日からは買主様の負担として日割り清算で行うのが一般的です。

6.諸費用の支払い

最後に仲介手数料や登記費用、その他必要に応じて費用の支払をします。

7.引渡完了

以上をもって、売買契約が完了となります。

 

売主様は翌年に不動産譲渡の確定申告により納税手続きをします。譲渡税が発生しない場合で申告手続きそのものは必要ですのでご注意ください。

 

おすすめの記事