pickup
道風(とうふう)くんの春日井マップ

春日井市の過去の浸水実績の調べ方

春日井市の外部公式サイト「道風(とうふう)くんの春日井まっぷ」がおすすめ

マイホームを探しているお客様から、よくある質問のひとつが、自然災害に関することです。

これから家族で暮らそうとしている場所が、災害時にどれくらいの危険があるのか。それを完全に把握することはできませんが、自分自身でも事前に調べることができるならば、知っておいて損はありません。

春日井の防災情報を調べるのに、便利なのが、とうふうくんの春日井まっぷといわれるサイトです。

今回は、そのサイトをつかい春日井の過去の浸水実績の調べる方法についてお伝えします。

春日井の浸水実績

 

道風(とうふう)くんの春日井まっぷとは?

とうふうくんの春日井まっぷ。

と言うのは、春日井市の公式外部サイトとして、春日井市の施設情報やまちづくり情報などを発信するインターネット上のサービスで、

  • 生活情報
  • バス路線情報
  • 子育て支援情報
  • まちづくり情報
  • 防災情報
  • 都市計画情報など

他にもありますが、春日井での暮らしに役立つ情報がつまっている便利なサイトなのです。

上のリンクをクリックすると、とうふくんの春日井まっぷのトップページが開きます。

道風くんの春日井まっぷの画面がこちら↓(赤い丸の中にいるのが、とうふうくんです。)

春日井まっぷのトップページ

ちなみに、とうふうくんってなに???誰???という方のために説明しておくと、「とうふうくん」というのは、「書のまち」春日井市で生まれたという伝説の平安時代の書聖「小野道風」がモデルである春日井市のマスコットキャラクターなんですね。ご存じでしたか?

 

さて、それでは、春日井の浸水実績の調べ方について説明していきます。

浸水実績は、春日井まっぷの防災情報ページをみよう

春日井の過去の浸水履歴を知りたい場合は、画面の防災情報から調べることができます。

さっそく、とうふうくんの春日井まっぷ、を開いてみましょう。

防災情報から浸水実績図へ

まずは、春日井まっぷのトップページから、防災情報をクリックしてください。

赤い四角で囲ったところです。

1.防災情報をクリック

次の画面はこちらです。防災情報からの選択画面です。

わかりやすくするために、浸水実績図のところを赤く囲っています。

    2.浸水実績図をクリック

    • 土砂災害情報図
    • 浸水想定区域図
    • 浸水実績図
    • 震度分布予想図
    • 液状化予想図
    • 地盤図

    といった6つの選択情報を見ることができます。

    今回は浸水実績図をクリックします。

     

    そうすると、次のような利用許諾の同意画面が出てきます。

    そのまま、サイトの利用許諾を「同意する」をクリックしましょう。

    ここで、ようやく調べたい場所の住所を入力、もしくは選択一覧画面になります。

    町名選択一覧からの検索もできます。

    住所がわからない場合でも、だいたいの住所でもいいので入力すれば、広範囲の地図から浸水実績の状況を確認することができます。

    調べたい場所を入力が終わると、以下のような図面上で、過去の浸水実績が表示されます。

    青の網かけのところ、過去に浸水があった場所という表示になります。

    春日井市の浸水実績図

    ピンポイントでの精度はないのですが、一定範囲での浸水実績がわかります。

     

    まとめ

    このマップは、過去の浸水があったかどうかだけを表示しているので、個別の詳しい被害状況まではわかりません。

    道路冠水しただけかもしれませんし、床下浸水や床上浸水したかもしれませんし、実害のない箇所も含まれている可能性もあります。

    なので、実際の不動産売買における重要事項調査においては、このマップの情報を参考にしながらも、売主からの告知や必要に応じて近隣の方の聞き取り等もおこなうこともあります。

    浸水があった時期としては、多くは、平成9年の東海豪雨で、それ以降は浸水していないという地域も多いので、この浸水実績があるからといって深刻な被害がいまも懸念されるというわけでないことも知っておくといいでしょう。

    ちなみに、春日井市役所の河川排水窓口で直接聞くことも可能ですが、個別の詳しい被害状況のわかるデータは保持していないようです。

    とは言え、これから家族と暮らす場所の安心安全はなるべく調べておきたいところ。

    なので、購入を検討したい物件があるなら、まずはとうふうくんの春日井まっぷで調べてみましょう。

    そして、さらに具体的な被害状況が気になるようなら、不動産屋さんに詳しい調査をお願いしてみましょう。

    最終的には、売主や近隣の方など、その地域をよく知る人に聞き取りをすることで、事実を確認してくれますよ。

     

    今回は、浸水実績の調べ方にしぼって説明しましたが、このとうふうくんの春日井まっぷは、春日井で暮らす人にとって役立つサイトなので、いろいろと調べてみてくださいね。

     

     

    お問合せ

     

    おすすめの記事