pickup
実相続した実家を売りたいたが売りたい

相続した実家をどうするか?できれば売りたい

こんにちは。山本です。

相続されたご実家をこれからどうすればいいか、悩まれる方が増えています。

できれば、売ってスッキリしたい。

自分が住むことはないけど、ご実家に対する思い入れもあって、今すぐ売るのも忍びない。

可能であればもちつづけたい気持ちもある。

とはいえ、維持管理することが金銭的にも心理的にも負担になっている気持ちもある。

慌てて売る必要はないけど、どうせ売るならいい条件売りたい。

いったいどうすればいいか?

売ることに抵抗があったが、後悔はなくスッキリしてる

これから「値上がり」して資産価値が増える土地ならまだしも、もし「値下がり」していくような土地ならば、所有し続けるほど、資産価値は勝手に減っていく。

先祖代々の土地を子どものために残しておいたのに、そんな土地はいらん。と子どもにはそっけなく拒否されたなんて話もよく聞くようになりました。

都会の一等地の土地ならまだしも、土地の所有に対する価値観の変わり目の時代だからこその悩みでもあると思います。

私自身も長男として実家の売却を経験しましたので、その気持ちはよくわかります。

親戚の目も気になるし、10年ほど売ろうか売らまいか悩んでました。

結果、僕の場合は、母と熟慮の上に熟慮を重ねても結局スッキリとして結論はでませんでしたが、思い切って売却の決断をしました。

維持できずにごめんなさいとご先祖様に対する申しわけない気持ちが今でもあります。

でも、売ることで心がすっきりしたことも事実です。

 

金銭的な損得で考える土地の売り時について

春日井市の土地需要の傾向について

そこで、春日井市の土地の売り時について考えてみました。

金銭的な損得の話です。

春日井の土地の地域性や特性、人の事情も様々なので、絶対的な正解はないですが、私の考えを述べてみます。

 

まず、今後の春日井市の人口は、2020年ごろまで増加を続け、その後は緩やかに減少するとともに、少子高齢化が一層進行することが見込まれています。

春日井は、名古屋のベッドタウンという利便性もあり土地の需要は高いのです。

ただ、同じ春日井市の住宅地でも、地域差で3倍以上も地価が違うところもあります。

「人気のある場所」と「ない場所」、「売れる土地」と「売れない土地」の差はますます開いていくのが想像できます。

 

ものの価格は、需要と供給のバランスで決まるわけですから、買いたい人が多ければ価格は上がり売りたい人が多ければ価格は下がります

土地も、需要と供給のバランスによって価格が変動します。

 

過去の土地神話が信じられた時代には、土地の値段は永遠に上がっていく、所有しているだけで資産が増えたわけですが、それは日本中みんなが土地を欲しがったからです。

しかし、これからは少子高齢化などの要因で、家や土地を買う人よりも売りたい人の方が増えていきます。

まとめ.土地を持ちつづけるべきか持たざるべきか

そこで、わたしはこう考えます。

 

これからも、人気が見込める土地、高く売れる土地ならば、売る理由がなければ、むしろ所有しておくべきでしょう。

その逆に、高齢化がすすみ、人が減ってる、空き家が増えてる、そのような立地ならば、売れるうちに早く売っておいた方がいい。

 

早く売ることこそ高く売るコツとなります。

 

例えば、10年後にいざ売ろうと思ったときに、売れずに困る。

あー、あのとき売っておけばよかった。

いまでもバブルのときに売っておけばよかったとかよく聞く話ですが、そんなことにならないように、田舎の場合は特に、得するよりも損しない選択を意識した方がいいかもしれません。

 

子どもたちに残すなら、心理的・金銭的に負担にならない、未来の希望につながる不動産。

いまから準備しておきましょう。

 

 

お問合せ

 

おすすめの記事