pickup

売主は高く売りたい。不動産屋が高く出す価格は信用できるか?

価格査定のときに、

地主さんからこういわれることがあります。

他社さんはもっと高い価格だったよ

といって、その査定価格を聞くとビックリするくらい高い金額だったりすることがあります。

 

ちょっと待ってください。

その価格鵜呑みにして大丈夫でしょうか。

もちろん、売主としては高い価格で売れた方がいいに決まってます。

それくらい、ぼくにもわかります。

 

でもここで、地主さんに確認してほしいことがあるんです。

 

その高く売れるという話は本当でしょうか?ということ。

その不動産屋さんが当社が買い取るという話でしょうか?

それとも、その価格で買うお客様がいて直ぐにでも紹介できるという話でしょうか?

そうであれば、大丈夫です。その会社に高く売買してもらいましょう。

 

でももし、

「売れるかもしれません。」

「売れるように頑張ります。」

という程度の話であれば、他の会社と比べて高すぎる査定価格は信用しない方がいいでしょう。

査定価格の根拠。具体的な商談orただの希望的観測か

高すぎる査定価格は信用できるか 先日の話ですが、ぼくがよく知るエリアの土地査定があって、坪単価40万くらいで査定しました。

そしたら、売主さんは、ある業者は50万以上で売れると言ったと。

それで本当に売れるならすごい話だし、私の目利きがおかしくて業者失格。という話です。

でも、買い手は家を建てる普通の一般個人しかなく、近隣に売物件もいくらかあって、その土地がほかの土地より10万以上も高く売れるのはありえない。

 

地主さんは50万で簡単に売れるものだと。もう算盤勘定してる様子です。

一応、本当にその価格で売れるかどうか、現実的な話か希望的観測かだけは業者に確認しときましょうとお伝えしました。

結局、後で聞いたら、50万で売れる可能性は高くはないけどやるだけやらしてください。がんばりますんでって。

そんな程度の話でした。すぐにでも売れるものだと思っていた地主さんはがっくりしてました。

業者は、がんばるとかどうでもいいから、結果出せよ(@_@;)

地主さんの気を引くために、まずは仕事を取るためだけに、あえて可能性という話で高値で出す。

売却依頼を受けてから売れなければ値段を下げていく。下手したら、1ヶ月おきに値下げ要請されますよ。

高く出すのはいいけど、売主さんの期待を裏切るようなやり方はよくない。

無駄な時間だけ過ぎて、最初から適正価格より坪2,3万くらい高く出しといたほうが結果として高く売れる可能性も大いにありますから。

知り合いが欲しいって言ってたという話も要注意

あと、これは不動産業者は関係ないお話ですけれども、地主さんのご近所とか知り合いがこの土地欲しいと言ってた。というパターンもよくあります。

この場合も、じゃあ売るから買ってねという話をすると、冷やかしだったり、価格がタイミングがまったく合わないとか、具体的な話にならないことは多かったりします。

相場より高く売れるか?

誰でも高く売りたい。それは売主として当然ですから、高く売りだしたっていいのです。

でもそんな売主の心情を見透かして、近寄ってくる不動産屋もいるので注意してくださいということです。

うまい話はそうそうないというのは、第三者の立場になればすぐわかることです。

不動産取引は売主と買主の信頼関係で成り立っています。一方だけが損した得したなんていう話はありえません。

特定の誰かの話を鵜呑みにせず、複数の人の話をきいて判断するのがベターです。

おすすめの記事