【実績30】マンション売却 グローリアス春日井鳥居松町 売買 賃借人立退

マンション売買 グローリアス春日井鳥居松 立退後売却

グローリアス春日井鳥居松町 売買成約

売買決済 令和1年11月

知人に貸しているマンションを売却したいというご相談。

 

賃料は入っているが住宅ローンの返済に回しているだけなので

売却代金で一括返済してスッキリしたいとのこと。

 

選択肢は賃貸物件のままオーナーチェンジで収益物件として売却するか、

賃借人に退去してもらい空室にして居住用物件として売却するか。

 

高く売るための選択肢は後者です。

 

しかし賃借人が退去に応じてくれなければオーナーチェンジで売るしかありません。

 

収益物件の場合は

居住用物件より価格は2,3割は安くなってしまうので、

それではローン残債の一括返済はできない。

 

なので賃借人に出て行ってもらい

居住用物件として売却したいとのご要望をいただきます。

 

立ち退きは時間もかかるし簡単ではないですが、

売却を成功させるためには賃借人との立退き交渉が上手くいくことが条件となります。

 

さっそく取り掛かりますが、

当然ながら最初は賃借人に拒否されます。

 

ところがある日状況が変わります。

借主が急きょ転職が決まったらしく

立退き条件によっては引越しに応じてもよいとの返事をいただくことに。

 

ちょうどマンションの買い手候補も出てきたタイミングだったので、

売主に多少立退き費用を上乗せしてでもこの話をまとめる提案をし了承をいただきます。

 

立退きさえ決まれば

あとは通常の売買手続きを粛々とすすめていくだけです。

 

じつは最初に売却のご相談を受けてから

借主の立退きが決まるまで2年ほど時間はかかりました。

 

最終的には立退きと売却の予定が上手くはまりましたが、

立退きができなければ希望価格で売却できず

破談になる可能性が高かったのでホッとしました。

この度はご依頼いただきありがとうございました。

こちらもCHECK

あわせて読みたい
【アパートを売りたい】古いアパートを相続したが修繕費や税金が高い 【相続した築40年のアパートを売却したい】 春日井でも街を歩いてると古いアパートをみかけます。昭和40年~50年代によく建てられた木造2階建で戸数が4戸~8戸...

 

[st-myblock id=”10763″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

春日井シティ不動産代表。おひつじ座。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産だけでなく、母校や商店会やPTAや神輿会など、春日井の暮らしで築いたご縁やつながり。お客様のお困りごとは年中無休でいつでも対応。趣味はラグビー。