【実績29】実家の賃貸借 春日井市八事町2丁目 貸家

実家の賃貸借春日井市八事町2丁目 貸家

春日井市八事町2丁目 建物賃貸借契約

賃貸借契約 平成31年1月

春日井市八事町のご実家を相続されたお客様から有効活用のご相談をいただきました。

 

ご自身のお子さんに残したいという気持ちがあり

現時点では売る気はないとのことで、

貸家にするか?建物を解体して月極駐車場にするか?

あるいは空き家のまま維持管理するか?

どれがいいかアドバイスが欲しいのことでした。

 

ご実家の建物は木造の2階建て築20年ほど経っていますが

まだ居住するのには十分程度がよい状況です。

そのまま貸すことは可能です。解体して駐車場にすることもできます。

 

場所がいいの空き家のまま維持管理してても問題はなさそうです。

金銭的な損得で言えば、貸家として貸すのが一番メリットがあります。

 

建物の状況がいいのでリフォームもほとんど必要なく月10万ほどの家賃が見込めます。

 

駐車場の場合はコストパフォーマンスが悪く

解体や整地費用が300万ほどかかるのに

駐車場賃料はせいぜい3台分で月15000円ほどの賃料収入しか見込めません。

 

空き家のままは初期投資は必要ないですが、

収入はないけど固定資産税のコストはかかり続けます。

 

いろいろと検討した結果、貸家ですすめることとなり、

想定通りすぐに入居者もみつかり成約となりました。

 

借主様もなかなか戸建の物件がみつからず困っていましたが

好立地で探すことができたと大変喜んでいただきました。

 

お客様も年間120万円の収入アップとなり

ご満足いただくことができました。

この度はご依頼いただきありがとうございました。

 

こちらもCHECK

あわせて読みたい
【実家を相続する人は必読】売るか?貸すか?現状維持か? 【相続した春日井の実家をどうすればいい?】 春日井の実家を相続した東京にお住いのBさんからご相談です。 ご相談者のBさんは、5年前にお父様がお亡くなりになり、ご...

 

[st-myblock id=”10763″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

春日井シティ不動産代表。おひつじ座。宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター。妻・子5人の7人家族。強みは、不動産だけでなく、母校や商店会やPTAや神輿会など、春日井の暮らしで築いたご縁やつながり。お客様のお困りごとは年中無休でいつでも対応。趣味はラグビー。