pickup

名古屋のベッドタウンとして栄えた春日井。名古屋駅までJR春日井駅から電車20分、車でも栄まで30分。東名高速や名二環のインターもある。便利。自然もある。人もいい。とても住みやすい街です。しかし、観光地ではないので、人気の名所やスポットが少ない??という噂が。いやいやちょっとまったー。ちゃんとある。きっとある。ということで、春日井の素敵なスポットを紹介してこうじゃないかと。そんな趣旨で生まれたこのコーナー。第1弾は内々(うつつ)神社です。

内々(うつつ)神社

「内々神社」は「延喜式帳(927年にまとめられた全国の神社の一覧)」に載る式内社で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征にかかる伝承をもつ由緒ある神社と伝えられています。

内々神社

東海自然歩道の春日井コースの通り道にもなっています。

東海自然歩道春日井コース内津峠

内々神社の鳥居

内々神社と日本武尊

内々神社の成り立ち

ご神木の大杉

うつつ神社のご神木

現在のご神木は、伊勢湾台風後、昭和37年に3月に植えられたそうです。

内々神社のご神木の大杉

手水舎。龍神の口から神聖な水が流れています。

内々神社の手水舎の龍神

内々神社本殿

1813年(文化10年)に再建されている立派な拝殿。1813年というと江戸時代後期。ナポレオン戦争、ライプツィヒの戦いとかあった年だそうです。ちなみに明治維新が1868年です。

内々神社本殿

開運福神社(左)、病気ふうじ健康祈願天王社(右)

春日井の開運、病気ふうじ、健康祈願

すべらず天神社

さるすべりの木に松が芽吹いたという、「すべらずの松」と呼ばれる珍しい木が祀ってあります。

内々神社 すべらずの松

合格祈願の絵馬がたくさん。すべりたくない人はぜひ。

受験祈願 内々神社 すべらずの松

 

小川の水の流れる音が心地いい。

こういう雰囲気とても好きです。

内々神社本殿外周

内々神社庭園(県指定文化財)

「夢窓国師」作と伝えられる庭園である。「夢窓国師」は鎌倉時代末から南北朝時代、室町時代初期にかけての臨済宗の禅僧。世界遺産に登録されてる京都の古刹の庭たくさんつくった偉い人。内々神社のこの庭園も、同じ南北朝時代の型式をもつ回遊式林泉型で、神社裏山の自然の地形を巧みに取り入れて作庭。

内々神社庭園(県指定文化財)

写真の真ん中下に見えるのが天狗岩。秋の紅葉シーズンが楽しみです。

内々神社の庭園

黒鯉と赤鯉が泳いでいました。

「這いのぼる 葛もなやむや 天狗岩」
江戸時代の尾張藩士、横井也有の俳句だそうです。

内々神社 天狗岩 俳句

鶉衣「内々草」の小道

俳句、短歌ポスト

毎年、5月に春日井市主催で音楽の演奏や庭園での茶会や投句など「内津文化財祭」というイベントが行われてるんですって。

 

 

東海自然歩道の通り口がありました。

東海自然歩道、内津峠

拝殿側から見た景色

拝殿からみた大杉のご神木

内津神社のご神木

内々神社。国道19号線の多治見市の手前。

辺鄙。というと怒られるかもしれませんが、そういう場所柄ですので、人はほとんどいません。

でも、それが魅力です。気高い存在感。神聖な空気。

直感ですが、春日井のパワースポットだと思います。

内々神社

神社の目の前に駐車場ありますよ。

内々神社の駐車場

 

おすすめの記事