pickup
不動産の売ったお金いつもらえる?

不動産を売却したら、売主はどのタイミングで売却代金を受け取れますか?

 

売り手と買い手が不動産売買の合意をすると、売買契約を締結することとなります。

手続きの流れとして、「売買契約」をしてから数か月後に「物件引渡し」を行うのが一般的です。

 

さて、その場合、売主が売買代金を受け取るタイミングはいつになるでしょうか?

結論から言うと、売買代金は、売買契約時に手付金として、引渡時に残代金として、と2回に分けて、買主から売主に支払われることになります。

個別の契約条件にもよりますが、ケースによっては、契約と引渡しの間に「中間金」も入れて3回に分けて支払う取引もあります。

また、契約と決済を同時に行う「ザラ金、一括決済」という契約の場合、契約時に売買代金全額を授受し、登記も含めすべてを同日に完了してしまう取引もあります。

 

ちなみに、手付金の目安は、売買代金の1割程度ですが、この金額は売主と買主の協議で取り決めることができます。

買主が自己資金が少なく、銀行ローンを100%借りて購入する場合など、1割未満の手付金で契約することもあります。

また、契約から引渡までに期間については、一般的には2、3か月くらいですが、それ以上の長い期間を設定するケースも普通にあります。

契約を締結する前に、売主と買主のお互いの意向や事情を踏まえて、支払条件やスケジュールを取り決めます。

売却代金を使用する予定がある売主様は、あらかじめ入金希望時期や取引に関する要望など、不動産屋さんにお伝えしておきましょう。

 

 

おすすめの記事